伊勢原版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

伊勢原市 ふるさと納税1年 予想以上の好スタート

経済

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
市発行のカタログは品薄で重版中
市発行のカタログは品薄で重版中

 伊勢原市はふるさと納税返礼品の開始から8月1日で丸1年を迎えた。地域経済の活性化をはじめ、市の歳入増、シティプロモーションの推進を掲げてスタートさせた返礼品制度。この一年間の動きを追った。

 ふるさと納税は、応援したい自治体(居住する自治体を除く)に寄付をすることで、その額に応じて住民税の控除などを受けられる税制度のこと。

 税収入による自治体間の格差是正を目的に、2008年から全国で導入が始まったふるさと納税。寄付のお礼として自治体で特産品などの返礼品を提供できることから爆発的に利用者が増え、自治体によっては深刻な税収減や返礼品による税金の奪い合いも問題になっている。

 伊勢原市では、全国でふるさと納税が導入されて以降、寄付の流出額が増加。その額は2015年度にはふるさと納税による市税流出が約700万円に上り、深刻な課題となっていた。そこで昨年3月シティプロモーションの一環として返礼品の実施を決定。同8月からスタートさせた。

シティセールスに活用

 県内最多となる54事業者・174品目で返礼品をスタートさせた伊勢原市。

 開始から1年間で12261件・1億6356万1408円(入金ベース)がふるさと納税で寄付された。市財政課では、2016年度は返礼品経費を含めても前年比で約3600万円の増収に繋がったという。

 返礼品も季節限定品などを含めると1年間で300品目を超え県内最多。寄付者の約70%が1万円ということもあり、「予想以上の申し込みがありました。返礼品もまんべんなく選ばれ、多くの返礼品を通じてシティプロモーションが出来たのでは」という。1番人気の柏木牧場ハンバーグは、ふるさとチョイス肉部門・お気に入りランキングで全国4位になるほど。「お店との相乗効果もありありがたい。日本全国がお客様になりました」と柏木牧場の柏木貞俊専務は話す。

 全国的な傾向として、食に関する返礼品が人気だという。「ふるさと納税を活用し、市税の流出をカバーするとともに、市のPRとなるように返礼品の件数を増やしたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook