伊勢原版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

県バスケットボール協会専務理事として神奈川県体育功労者表彰を受賞した 半田 真一郎さん 東成瀬在住 64歳

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

未来の夢あるバスケへ

 ○…「BリーグやWリーグなどのトップリーグはもちろん、幼児からシニアまで楽しめるバスケットボールの普及・発展を進めていきたい」。全国でもトップクラスとなる登録チーム2000以上、3万7千人以上がバスケに親しむという神奈川県。その更なる発展をめざして、さまざまな活動を行う一般社団法人神奈川県バスケットボール協会で専務理事を務める。「『する』『見る』『支える』の環境を整えていきます」と笑顔で話す。

 ○…埼玉県生まれ。父親の仕事の関係もあり、東京で青春時代を過ごす。バスケとの出会いは中学の頃。水泳部に所属するも、バスケ部の負け試合を見て助っ人入部。レギュラーとして区優勝などに貢献した。それからはバスケ漬けの日々。進学した日本体育大学では教師を目指していたこともあり、大学後半には指導者寄りの活動が主で、高校などの外部コーチなどでも活躍した。「個の力だけに頼らないチームプレーの大切さ。レギュラーだけでないチーム全体の絆がバスケの魅力」と微笑んだ。

 ○…高校の恩師の勧めで教師の道へ。最初の赴任先は県立川崎工業高校で「楽しくできた」と当時を振り返る。光陵高校を経て、1993年からの12年間は、伊志田高校で教鞭をとった。この頃にはすでに県バスケ協会に所属。98年に開催された「かながわ・ゆめ国体」では、バスケットの国体委員長も務めた。国体では県内4会場の調整だけでなく、天覧試合もあり「それ以来どんな試合でも物怖じしなくなりました」と当時を振り返る。

 ○…厚木北高校で教員生活を終え、現在は県協会ひとすじ。各大会への出席や、トップリーグのチームへの支援など忙しい日々が続く。息抜きはたまのゴルフと2歳になる孫と遊ぶこと。「野球やサッカーのように、バスケットも頑張れば将来の道がある。そんな夢を与えられるように活動をしていきたい」と力強く話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

金澤 雅義さん

伊勢原市吟剣詩舞会の会長を務める

金澤 雅義さん

高森在住 77歳

5月13日号

小嶋 鉄平さん

伊勢原駅前のゴミ拾い活動を行う「+プラス活動」のリーダーを務める

小嶋 鉄平さん

桜台在勤 37歳

5月6日号

亀井 貞之さん

れんげ祭りを主催する「ふるさと大田を守り楽しむ会」の会長を務める

亀井 貞之さん

下谷在住 85歳

4月22日号

成瀬 善之さん

高部屋神社の石積み改修を行った成瀬石材店の代表を務める

成瀬 善之さん

岡崎在住 43歳

4月15日号

雫石 啓祐さん

運用を再開した大田駐在所に勤務する

雫石 啓祐さん

下谷在住 37歳

4月8日号

増井 冨美子さん

絵画の作品展を中央公民館で開催する「虹の会」の責任者を務める

増井 冨美子さん

三ノ宮在住 72歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook