伊勢原版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

石田小学校の校歌制定委員として校歌完成までの話を児童に講話した 斎藤 惠司さん 石田在住 67歳

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena

児童思う気持ちを校歌に

 ○…この4月、20周年を迎えた石田小学校。開校と同時に着任したが校歌がなく、2学期に校歌制定委員会が立ち上がった。メンバーは自治会長にPTAと自身含めた教員の8人。「子どもたちが誇りをもって歌える歌にしよう」―、それが委員全員の願いだった。同校ホームページでも聞くことができる特色ある校歌。完成までのエピソードや想いを、委員を代表し創立20周年の記念事業で児童らに語った。「久しぶりに校歌も聞けて嬉しかった」と目を細めた。

 〇…校歌を作るにあたり在校生や地域に呼びかけ歌詞に盛り込みたい言葉を募った。委員の皆が、石田小で学んだことを忘れて欲しくないという願いを込めて『心のふるさと』という言葉にこだわったという。「石田小学校、ここはみんなの心のふるさと〜」1、2番通してサビの部分に盛り込まれた。さらに同校の校歌は歌の間に「青空」「夢」「希望」などの言葉を唱和するフレーズがあるのも特徴的だ。「生徒、保護者、教員、地域の方々、皆の手作りで出来た校歌。これからも大切に歌って欲しい」

 〇…川崎市生まれ。祖父が教員だったこともあり教員の道を志した。大学を卒業後、桜台小学校に赴任。その後市内小学校に在職し35年勤め上げた。「石田小の学校作りにゼロから関われたのが思い出に残る。皆一丸となって素晴らしい学校を作ろうと取り組んだことが忘れられない」と懐かしそうに話す。

 〇…現在は放課後に子どもたちが集まる「いせはら未来っ子クラブ」のいしだ、なるせ教室でボランティアスタッフとして子どもたちを見守り続けている。「退職後も子どもと関わっていたくて始めた。でもこれからは家庭と地域活動に専念してもいいかな」と笑顔で話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

宮入 貴幸さん

いせはらヒトつなぎプロジェクトを主宰する

宮入 貴幸さん

伊勢原在住 32歳

8月27日号

今野 優一さん

全国大会出場を決めた軟式野球チーム、Ninetynine'sの監督兼代表を務める

今野 優一さん

白根在住 22歳

8月20日号

岡西 雄哉さん

伊勢原トレセンU―11の監督を務める

岡西 雄哉さん

 23歳

8月6日号

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook