伊勢原版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

伊勢原市 公共施設有料化へ 来年7月1日から32施設で

経済

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原市内の公共施設での使用料を定める関係8議案が10月5日、伊勢原市議会9月定例会の最終日で可決された。これにより来年7月1日より市内32施設で有料化・使用料の改定が行われる。

 市では、公共施設の老朽化や少子高齢化・人口減などの進行による厳しい財政予測を背景に、将来の公共施設の適切な維持を目指した「公共施設等総合管理計画」を2016年に策定。また翌年3月には、使用料算定と基準を示した、施設利用者に管理運営費の一部負担を求める「公共施設の受益者負担に関する基本方針」を策定。市民に説明会等を実施してきた。

 最も利用が多いとされる公民館は、県内13市で同様の施設が設置されているが、現在使用料が無料なのは伊勢原、厚木、平塚、茅ヶ崎の4市のみ。

 今回の改定により公民館や小中学校、スポーツ施設など市内32施設97カ所での使用料が必要となる。大半が1時間あたり100円〜200円となり、最大が中央公民館・展示ホールの700円。武道館や総合運動公園の一部では改定により使用料が安くなる。また教育活動や公益事業などによる使用料減免については、統一的な運用を図るためにガイドライン(案)が作成された。

 市は改定に伴い、年間約1700万円の増収を試算。担当する市公共施設マネジメント課では、老朽化による建て直し等に対応する基金設立も将来の視野に入れつつ「利用料は施設の維持管理費の一部として、適切に使用していきたい」と話す。

 今後、市では回覧板や市広報紙での情報発信をはじめ、各施設での説明会を予定。使用料改定を周知していくとしている。

伊勢原版のトップニュース最新6

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

12年に1度の稚児行列

日向薬師

12年に1度の稚児行列 文化

寅年の4月例大祭で開催

1月1日号

発展に向け新たな一歩

発展に向け新たな一歩 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook