伊勢原版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

成瀬公民館で1月31日から開催される歴史文化探訪「お茶講」で講師を務める 森 武さん 高森在住 74歳

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

知識や経験を地元に還元

 ○…日本にお茶がどのように伝わってきたかなど、時代背景や歴史を学び、茶器づくりも体験できる連続講座「お茶講」。市の歴史解説アドバイザーとして活動し、自宅では陶芸教室を開くことから講師に白羽の矢が立った。「お茶の歴史を通じ、切り離せない茶器の歴史も知ってもらう講座です。修了後もサークルとして、窯業地や茶室の見学会などもできれば」と話す。

 ○…陶芸を始めたのは25年前。展覧会で見た国宝の茶器に魅了されたのがきっかけ。「形、色すべてに魅かれた。運命の出会いだった」と振り返る。その国宝と同じように作りたくて始めた陶芸。ほぼ独学で技術を積み重ね歴史を学んできたがまだ夢の途中。「思い通りにならないのが陶芸の魅力。作品として後に残るのがものづくりの喜びだが、20年以上やってきて満足できたのは2、3個ですよ」と微笑む。

 ○…比々多出身。数学が得意だったことから高校を卒業後恩師の勧めで銀行へ入行し支店長などを歴任してきた。負けず嫌いで興味があることは突き詰める性格。同期に負けたくない一心から仕事帰りに会計の専門学校にも通った。「知識で負けたくない思いが強かった。読書はずっと好きで、今も毎日寝る前の日課です」と笑う。

 ○…東名高速の建設工事にともない26年前に高森に転居。住み慣れた地を離れることに抵抗はあったが、同じように緑に囲まれた高森を妻も気に入ったことが決め手になった。老人会会長を務めた5年前「地元のことを知りたい」という声を聞き、自分が勉強して皆に伝えたいと歴史解説アドバイザー講座を受講。現在は市老人クラブ連合会の副会長を務め「歴史の勉強も陶芸もやればやるほど面白い。今後も地域の役に立てれば」と笑顔で話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

杉山 進さん

一般社団法人伊勢原市建設業協会の会長を務める

杉山 進さん

三ノ宮在住 56歳

10月16日号

小沼 慶多さん

神奈川フューチャードリームスのマネージャー兼地域貢献担当を務める

小沼 慶多さん

 33歳

10月9日号

川合 庶(ちかし)さん

産業能率大学女子ビーチバレー部のヘッドコーチを務める

川合 庶(ちかし)さん

54歳

10月2日号

端山 清さん

認定NPO法人地域福祉を考える会の理事長に就いた

端山 清さん

 67歳

9月25日号

影浦 寿満子さん

伊勢原市青少年相談室補導員連絡協議会の会長を務める

影浦 寿満子さん

沼目在住 68歳

9月18日号

福澤 順子(としこ)さん

オレンジカフェ「ふくじゅ」を運営する

福澤 順子(としこ)さん

伊勢原在住 66歳

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク