伊勢原版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

創設40周年を迎えた伊勢原市ひとり親福祉協会「マーガレット」の会長を務める 阿部 瞭子さん 八幡台在住 79歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

人とのつながりが財産

 ○…「幸せづくりは自分たちの力で」を合言葉に、市内に居住するシングルマザーとシングルファーザーで構成される「マーガレット」。20代から70代を中心に、50人が加入し、バス旅行などの親睦会や、道灌まつりでの模擬店出店、さらにパソコンや英語教室の開催などさまざまな活動を行いながら親睦を深めている。「ひとり親が孤立しないための情報交換の場。同じ悩みを持った人の集まりなので話しやすいと思います」と微笑む。

 ○…山口県出身、2歳の時父親を亡くし、母親の実家のある宮城県へ。幼いころから読書が好きで、学校を卒業後仙台市内で書店員として働いた。結婚を機に25歳で上京。30代半ばに夫の仕事の都合で伊勢原へ。しかしその後離婚。ちょうどそのころ、設立したばかりの同協会が開いた、みかん狩りに参加したことがきっかけで入会した。

 ○…15年ほど前に推薦され会長に就任。途中病気で活動を休んでいたが、3年前から再び会長として復帰し、現在も会員の相談役的存在として慕われている。「離婚後、工場で働きながら子育てをしてきた。辛いこともあったが、周りの人に子育てなどを手伝ってもらい、幾度となく救われた。多くの人とつながりが持てたことが財産。今は恩返しのつもりで活動を続けている」と話す。今後の目標は協会の世代交代。「若い人には、自由にやってほしい。頑張りすぎないことが一番です」。

 ○…読書好きは今も変わらない。特に時代小説が好きで暇を見ては読みふけるという。また病気を経験したことで健康に気を配り、グラウンド・ゴルフやウォーキングで体を動かす。協会の活動のほか地区の老人会の会長を務めて2年目になる。「『人のためになる』と思うと断れなくて」と笑顔で話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

宇佐美 隆一さん

プログラミングを学ぶ場「CoderDojo伊勢原」を5月15日に初開催する

宇佐美 隆一さん

串橋在住 67歳

5月7日号

山口 賢人さん

伊勢原市教育委員会教育長に就任した

山口 賢人さん

上粕屋在住 62歳

4月23日号

植松 宏文さん

3月22日付けで伊勢原警察署第91代署長に就任した

植松 宏文さん

警視 57歳

4月16日号

一場 哲宏さん

伊勢原青年会議所の子育てセミナーで講師を務める

一場 哲宏さん

伊勢原FCフォレスト代表 48歳

4月9日号

杉下 友美さん

チョークアート教室「momi-no-ki CHALKART」の代表を務める

杉下 友美さん

桜台在住 37歳

4月2日号

芦原 秀人さん

日向・洗水地区でコミュニティ紙「洗水新聞」を発行する

芦原 秀人さん

日向在住 69歳

3月26日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter