伊勢原版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

市制50周年へ向け議論 キャッチフレーズ候補を検討

政治

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
話し合った内容を模造紙にまとめる参加者
話し合った内容を模造紙にまとめる参加者

 2021(令和3)年3月1日に市制施行50周年を迎える伊勢原市は、記念すべき節目の年を盛り上げようと、キャッチフレーズやイベントなどを考える市民ワークショップを、6月29日に中央公民館会議室で開催した。この日にあがったキャッチフレーズの候補は、8月以降の市民投票を経て記念イベントやグッズなどで活用される。

 この日は、東海大学や産業能率大学の学生、市やJAいせはら、商工会の職員、公募市民など22人が参加。市企画部経営企画課の職員が進行役を務め、4グループに分かれてキャッチフレーズ案と記念事業案を協議した。

 その後、各グループの案を模造紙にまとめて、代表者が発表。キャッチフレーズ候補として【1】「雲より高く 大山より大きく5050(ゴーゴー)いせはら」、【2】「市制50年いせはらが奏でる自然 歴史 人の優しさ」、【3】「ありがとう いせはら。〜活かそう!愛そう!美しき宝〜」、【4】「つながる つなげる 伊勢原のひとコマ」の4案が完成した。また、記念事業案として、オリジナルドラマの作成や、大山登山VR体験、モザイクアートなどの提案があった。

 市は今回あがったキャッチフレーズ候補をもとに、8月以降に市のホームページなどで市民投票を行い、1つに決定する。その後、ロゴやデザインなどを東海大の芸術学科に依頼し、来年1月の公表を予定している。

 ワークショップに参加した産業能率大学1年の柳田愛美里さんは「これまで19年間伊勢原に住んできて気が付かなかったことを、改めて気づけて良かった。親しみをもってもらえるワードを使うように心がけました」などと語った。

伊勢原版のトップニュース最新6

県道603号が一部開通

県道603号が一部開通 社会

関係者、住民らで式典

7月19日号

北條さんが“県民の警察官”

大山駐在所

北條さんが“県民の警察官” 社会

長年の山岳救助など評価

7月19日号

世界トップ選手が集結

クレー射撃

世界トップ選手が集結 社会

大山観光でおもてなし

7月12日号

大山に丸型ポスト移設

大山に丸型ポスト移設 文化

国際観光PRに活用

7月12日号

引揚救助で関東へ

市消防本部

引揚救助で関東へ 社会

3年ぶり全国目指す

7月5日号

7月から公共施設有料化

7月から公共施設有料化 政治

経費の一部 利用者負担

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大納涼まつりに行こう

大納涼まつりに行こう

27日・28日 伊勢原大神宮

7月27日~7月28日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク