伊勢原版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

母のこと

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 私の父は喉頭癌で亡くなりました。母に手紙が残されていました。「何度も何度も書き直してもあなたへの思いは書き尽くせません。お世話になりました。そしてどうか私を許してください」と書かれてありました。手紙を読んだ母は1年間泣き続けておりました。あの乱暴者の父を本当に、本当に好きだったのです。

 -それから数年後のある日の夕方。私の足に力が入らなくなりました。しかし、あれあれあれ?と言っているうちに治ってしまったので、寝てしまいました。

 朝が来ました。「お父さんその顔はどうしたの?」と、娘に言われて鏡を見たら顔がひんまがっていました。救急病院で「何故あなたは夜のうちに来なかったの!」と言われましたが、後の祭り。そして私は障害者になりました。

 母も脳梗塞で足が不自由になり寝たきりになりました。もうここまでという時、私は母と手をつないでいました。呼吸の間隔がのび最期のときを迎えました。

 -読者の方からのお手紙に句が添えられていました。

百合の香を深く吸うさえいのちかな

 私は母を思い句を詠みました

怖き母優しき母よ赤まんま 秀

 脳梗塞は怖いのです。皆さん「身体に変異を感じたらすぐ救急車」。くれぐれも、迷うことなく。
 

伊勢原版のコラム最新6

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook