伊勢原版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

県内の死亡事故 全国最多 市内は人身事故が増加

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
くらし安心メールの内容
くらし安心メールの内容

 神奈川県内で交通事故によって亡くなる人が増えていることから、伊勢原警察署が注意を呼び掛けている。

 警察署交通課の担当者によると、1月1日から3月13日までに県内の人身事故で亡くなった人は41人にのぼり、前年比で22人増加している。しかし事故件数は4349件で前年同日比254件減。負傷者は5007人で、前年比340人減となっている。人身事故件数と負傷者数は減ったものの、亡くなった人が過去5年でも最多件数になった。この数字は3月17日現在で全国ワースト1位で、2位の大阪府と比べ10人の差があるという。

 一方、伊勢原市では亡くなった人はいないが、人身事故件数が54件で、前年比11人増加。負傷者も71人で前年比で16人増え、県の状況と逆転している。

 同署の担当者によると、県内の死亡事故は、道路横断中等の人と車の事故や車両単独のものが多く、死亡事故によって亡くなる人の約半数が65歳以上の高齢者だという。

 また、市内では亡くなった人はいないが車両相互の追突が、件数・負傷者ともに最多。薄暮から夜間帯(18時〜20時頃)にかけての事故が多発しているという。

 こうした状況を受け伊勢原署は、市を通じて「くらし安心メール」を3月17日、24日に配信。交通ルールの順守などを呼び掛けた。伊勢原署担当者は「危険に対する想像力を働かせ、改めて交通ルールの意味と危険性を理解し、常に周囲の状況確認をしてほしい。交通安全に協力をお願いします」と話している。

伊勢原版のローカルニュース最新6

ドナー登録を呼び掛け

ドナー登録を呼び掛け 社会

伊勢原ライオンズクラブ

10月22日号

合同で就職説明会

合同で就職説明会 経済

市内幼稚園、保育園

10月22日号

駅周辺で吸い殻清掃

駅周辺で吸い殻清掃 社会

たばこ販売促進協議会

10月22日号

保育園児が収穫体験

保育園児が収穫体験 社会

大田地区GCと交流

10月22日号

市内団体が動画投稿

バーチャル解放区

市内団体が動画投稿 社会

県HPで31日まで視聴可

10月22日号

2部制で実施

2部制で実施 文化

22年成人式

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook