伊勢原版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

県内の死亡事故 全国最多 市内は人身事故が増加

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
くらし安心メールの内容
くらし安心メールの内容

 神奈川県内で交通事故によって亡くなる人が増えていることから、伊勢原警察署が注意を呼び掛けている。

 警察署交通課の担当者によると、1月1日から3月13日までに県内の人身事故で亡くなった人は41人にのぼり、前年比で22人増加している。しかし事故件数は4349件で前年同日比254件減。負傷者は5007人で、前年比340人減となっている。人身事故件数と負傷者数は減ったものの、亡くなった人が過去5年でも最多件数になった。この数字は3月17日現在で全国ワースト1位で、2位の大阪府と比べ10人の差があるという。

 一方、伊勢原市では亡くなった人はいないが、人身事故件数が54件で、前年比11人増加。負傷者も71人で前年比で16人増え、県の状況と逆転している。

 同署の担当者によると、県内の死亡事故は、道路横断中等の人と車の事故や車両単独のものが多く、死亡事故によって亡くなる人の約半数が65歳以上の高齢者だという。

 また、市内では亡くなった人はいないが車両相互の追突が、件数・負傷者ともに最多。薄暮から夜間帯(18時〜20時頃)にかけての事故が多発しているという。

 こうした状況を受け伊勢原署は、市を通じて「くらし安心メール」を3月17日、24日に配信。交通ルールの順守などを呼び掛けた。伊勢原署担当者は「危険に対する想像力を働かせ、改めて交通ルールの意味と危険性を理解し、常に周囲の状況確認をしてほしい。交通安全に協力をお願いします」と話している。

伊勢原版のローカルニュース最新6

相模湾を一望

相模湾を一望 文化

比々多神社元宮に眺望板

6月5日号

6月定例会 きょう開会

市議会

6月定例会 きょう開会 政治

一般質問は短縮で実施へ

6月5日号

優良店舗を表彰

商工会生活衛生部会

優良店舗を表彰 経済

市長賞に「GEN」

6月5日号

みんなで乗り越えよう

コロナに負けない

みんなで乗り越えよう 社会

6月5日号

新型コロナウイルス関連情報

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク