伊勢原版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

県LPガス協会 見守り活動で安心提供 月1回、個人宅を訪問

経済

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
左から水野部会長、高橋会長、葛貫支部長=写真用にマスクを外し、距離を詰めて撮影
左から水野部会長、高橋会長、葛貫支部長=写真用にマスクを外し、距離を詰めて撮影

 新型コロナウイルス感染症の拡大で外出自粛が続く中、公益社団法人神奈川県LPガス協会(高橋宏昌会長)の「地域見守り活動」が注目を集めている。

 同協会は、県内のプロパンガス事業者約800社で組織する団体。伊勢原市と秦野市をカバーする北相支部(葛貫洋一支部長)の伊勢原部会(水野直己部会長)には、葛貫商店、湘南農業協同組合、テーエス瓦斯、マルエイ湘南営業所、水野商店、山田プロパン、リビック相模の7事業者が加盟する。

行政と連携仕組み構築

 協会の会員販売店では、プロパンガスの配送や保安点検、検針などの日常業務を通じて、おおむね月1回以上は顧客宅へ赴いていることから、同協会と神奈川県との間で2012年5月に「地域見守り活動に関する協定書」を締結。一人暮らしの高齢者など個人宅を訪問した際、異変を感じ生命の危険が予見された場合は、プライバシーを尊重しつつ市町村や警察署、消防署などに通報する仕組みを構築し、住民に安心を提供している。

緊急時にも万全の対応

 また、同協会では建物火災が発生した際に、消防署などから県協会本部に連絡が入り、地域担当者が火災現場へ駆けつける「LPガス119」の体制を整備。緊急時に地元を良く知る地域密着の事業者が現場で対応している。

 同協会では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の取り組みとして、会員各事業所でマスクや手袋の着用、手指の消毒、「3密」を避けるなどの行動を徹底しているという。

 高橋会長、葛貫支部長、水野部会長の3人は「お客様の暮らしを支える、地域貢献活動を続けてまいります。地元のプロパンガス事業者にお任せください」と話す。

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民が自作の楽器寄贈

市民が自作の楽器寄贈 社会

市制施行50周年を記念

2月19日号

市商工会に抗菌施工

ルーフエリア(株)

市商工会に抗菌施工 社会

「空気触媒」で地元貢献

2月19日号

「個性的なガイドを」

「個性的なガイドを」 社会

観ボラが修了式

2月19日号

講習会も中止に

講習会も中止に スポーツ

登山マラソン代替企画

2月19日号

産学連携で動画制作

竹内型材研究所×産業能率大学

産学連携で動画制作 経済

市とeスポーツをPR

2月19日号

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 経済

クーポン付きなどの例も

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク