伊勢原版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

大友皇子の石塔を移設 石雲寺で開眼法要

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
開眼法要の様子
開眼法要の様子

 日向の雨降山石雲寺(清水義仙住職)で大友皇子を祀る日向渕ノ上(ひなたふちのかみ)石造五層塔(市指定文化財)の移設整備に伴う開眼法要が5月10日、執り行われた。

 石塔は、壬申の乱(672年)で敗れた大友皇子の墓との言い伝えがあり、通称「大友皇子の墓」と呼ばれている。石塔は同寺から川を挟んだ向かいの地に建てられていた。しかし2015年に台風の影響で周辺の木々が倒れ壊れかけ、翌年には石塔の石が移動させられるなどのいたずらが発覚。住職は離れた場所では管理ができないと考え、市に相談し、2017年に同寺の墓地に応急措置として石塔を移設していた。その後、檀信徒の寄付で石塔を新たに境内に設置するため、銀杏の木の伐採や池の埋め立てなど境内を整備し、このほど移設させた。

 この日は檀信徒代表ら15人が出席。住職が完成を記念したお経をあげるとともに、世の中の安泰を祈念した。

大友皇子と石雲寺

 石雲寺は約1300年前の718(養老2)年、日向の地にやってきた華厳妙瑞法師により開創されたといわれる古刹。同寺によると、法師が大友皇子が近江から逃れて日向で亡くなったことを里人から聞き、弔った。当初は松の木を植えただけだったが、鎌倉時代に五重塔を建立したと伝えられているという。清水住職は「開創1300年記念事業の一環で行った。大友皇子を弔ったとされる里山の人々の、温かい心を石塔とともに後世に残せるのでありがたい」と話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

パイナップルを寄贈

台湾産

パイナップルを寄贈 社会

市内医療機関に配布

5月14日号

子育ての悩み解消へ

伊勢原JC

子育ての悩み解消へ 教育

セミナーに60人が参加

5月14日号

子どもの成長願う

伊勢原大神宮

子どもの成長願う 文化

2年ぶりに若葉祭

5月14日号

街頭犯罪発生状況

4月11日〜5月8日

街頭犯罪発生状況 社会

伊勢原警察署

5月14日号

駅前で「つながる広場」

駅前で「つながる広場」 経済

家族連れなどでにぎわい

5月14日号

小学生の絵画展

小学生の絵画展 文化

のびのび描こう会

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter