伊勢原版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

東海大相模小島大河選手 センバツ優勝に貢献 高部屋少年野球部の出身

スポーツ

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
東海大相模の小島大河選手(同校提供)
東海大相模の小島大河選手(同校提供)

 阪神甲子園球場でこのほど開催された、第93回選抜高校野球大会で、東海大学付属相模高等学校が10年ぶり3度目の優勝を果たした。決勝の大分県代表、明豊戦でサヨナラ打を放った小島大河選手は、市内日向出身。小学校時代は高部屋少年野球部で活躍した。

 全国から32校が集まった同大会。2年連続12回目の出場となった東海大相模。初優勝を目指す明豊との決勝戦は、相手に2度先行されるも粘り強く追いすがり、9回裏一死満塁のチャンスに3番で捕手の小島大河選手が打席に。サヨナラの期待が高まる中、小島選手が振り抜いた打球は遊撃手のグラブをはじくヒットになり、劇的な勝利を収めた。小島選手は「皆が繋いでくれたチャンスだったので、ここで決めようと思って打席に入った。ヒットを打った瞬間は嬉しかった」とサヨナラの場面を振り返った。

 甲子園で応援していた父親の真路さん(50)は、打席に入る小島選手に「とにかく強く振ってくれとだけ願った。優勝できて夢のよう。LINEで『幸せな時間をありがとう』と伝えた」と喜びの心境を明かした。

 真路さんはこれまで「打てる時もあれば打てない時もある」と声をかけ続けてきた。頑張っていること、努力していることをたくさん褒めたという。「野球を通して多くの人と繋がりが持てたことは親にとっても財産になっている」とした。

2歳から「球遊び」

 ソフトボールをやっていた父の真路さんに連れられて試合を見たり、チームメイトに遊んでもらっていたことがきっかけで野球を始めた小島選手。2歳の頃から「球遊び」をしていて、公園でゴムボールやプラスチックバットで朝から晩まで遊んでいたという。

 高部屋小の1年生から高部屋少年野球部でプレー。6年生の時には、多くのプロ野球選手を輩出しているNPB12球団ジュニアトーナメントに出場する、横浜DeNAベイスターズジュニアチームに選出された。山王中時代は相模ボーイズに所属。日本一をめざしたいとの思いから、東海大相模へ進学し、寮生活を送っている。小学校時代の思い出を聞くと「あいさつなど基本的なことも教わり今も役立っている。練習は厳しかったが、皆が一生懸命教えてくれて感謝している」と答えた。次の目標について小島選手は「夏の甲子園でも優勝したい」と意気込みを語った。

 小学校の6年間指導にあたった同部の元監督、青柳茂行さん(53)は当時の小島選手について「照れ屋な子だったが、練習に手を抜かず、秘めた闘志があった。低学年のころから野球センスに秀でていた」と振り返る。6年生の時はキャプテンで主に投手や遊撃手としてチームをけん引していたという。青柳さんは「サヨナラの場面、わが子のように、緊張してテレビを見ていた。決まった瞬間泣きました」と嬉しそうに話した。
 

ベイスターズジュニアに選ばれた当時の小島選手
ベイスターズジュニアに選ばれた当時の小島選手

伊勢原版のトップニュース最新6

「希望の灯守りたい」

大山能狂言

「希望の灯守りたい」 文化

親子教室がスタート

5月20日号

一人暮らしの学生を応援

伊勢原市社会福祉協議会

一人暮らしの学生を応援 社会

食料品などを無料で配布

5月20日号

湘南オリーブ振興へ協定

産業能率大学

湘南オリーブ振興へ協定 社会

二宮町と農場など産官学連携

5月13日号

天空の宮『阿夫利』奉納

下糟屋在住鈴木教之さん

天空の宮『阿夫利』奉納 文化

いせはら市展市長賞作品

5月13日号

下山までをトータルに

大山登山

下山までをトータルに 社会

モンベル主催で遭難対策研修

5月6日号

母の日前に出荷ピーク

ふじだな園

母の日前に出荷ピーク 社会

16種のカーネーション

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook