伊勢原版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

桜台の「風海」でアニメーション作品展を開催している 久保 大翔(ひろと)さん 笠窪在住 21歳

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena

アニメで感動与えたい

 ○…個人事務所、久保大翔プロダクションの代表でアニメーション作家として活動する。7月31日(土)まで開催する作品展は、2019年に続いて2回目。「とにかく絵が好き。見た人が何か感じてもらえれば嬉しい。自分という人間を知ってもらえれば」と話す。

 ○…笠窪出身。保育園の頃から船が好きで、小学校の頃には海上自衛隊で人のために働きたいと夢見ていた。山王中から県立海洋科学高等学校へ進学したが、心の病で2年の時に退学。自宅での療養生活は、しばらく何も手がつかない状態が続いた。1年ほど経ち、アニメや映画を見るようになると、幼い頃から絵を描くことが好きだったことに気が付き、アニメの仕事に就きたいと思うようになった。「ジブリの作品から元気をもらった。アニメという楽しい世界を教えてくれた」。

 ○…18歳の時、相模原のアニメ制作会社へ。そこで学びながらさまざまな作品に携わる。中でも『宇宙よりも遠い場所』の第2原画制作に携わったことが最も印象深く「アニメの力の凄さを感じた。感動して泣きました」と振り返る。作品に感化され、仲間と短編アニメの制作を計画。自身が絵コンテを描き、監督も務める予定だった。しかし、資金不足などから計画は頓挫してしまったという。「今はその時の作品を制作中で、制作過程を動画で公開する予定です」。

 ○…地元にスタジオを作り、映画館やカフェを併設して雇用も生む文化施設を作ることが夢。地域の祭りで子どもに太鼓を教えるなど、子ども好きが高じて、現在は学童保育でアルバイトをしながら、自宅のスタジオでアニメなどの創作活動を行う。「感動を与える作品を作り、いつかカンヌで賞を取りたい」とほほ笑んだ。

伊勢原版の人物風土記最新6

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

宮入 貴幸さん

いせはらヒトつなぎプロジェクトを主宰する

宮入 貴幸さん

伊勢原在住 32歳

8月27日号

今野 優一さん

全国大会出場を決めた軟式野球チーム、Ninetynine'sの監督兼代表を務める

今野 優一さん

白根在住 22歳

8月20日号

岡西 雄哉さん

伊勢原トレセンU―11の監督を務める

岡西 雄哉さん

 23歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook