伊勢原版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

伊勢原フレンズ青木徠海さん ベイスターズJrに選抜 16人のメンバーに

スポーツ

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
ベイスターズジュニアに選ばれた青木さん
ベイスターズジュニアに選ばれた青木さん

 市内の軟式少年野球チーム、伊勢原フレンズに所属する青木徠海(こう)さん(桜台小6年)がこのほど、横浜DeNAベイスターズジュニアチームに選ばれた。12月末に開催予定の「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」に参加する。

 同トーナメントは、日本野球機構とプロ野球12球団が、プロ野球への夢を身近に感じてもらうため、2005年から開催。毎年12月に各球団が編成した小学6年生が日本一を目指し熱戦を繰り広げている。

 ベイスターズジュニアの選考には今回、県内外から約950件の応募があり、ピッチングやティーバッティング、ベースランニング、キャッチングなど、1次、2次、最終と3度のセレクションを経て16人が選抜された。

 青木さんは身長165cm、体重73kg、チームでは捕手をメインに、投手や一塁手もこなす。ベイスターズジュニアチームに選ばれ、「自信はあった。小学校1年からの目標だったので嬉しい。得意のバッティングを見てほしい。ジュニアチームではキャプテンになってチームを引っ張る存在になりたい」と意気込む。

 高校球児だった父親の寛和さん(42)の影響で、3歳からボールで遊び、5歳でバットを振っていたという青木さん。寛和さんは「母親のお腹の中にいる時から『将来プロ野球選手になるんだぞ』と言い聞かせていた」と話す。

鈴川球場を小5で柵越え

 青木さんが伊勢原フレンズに加入したのは小学校4年生から。それまで所属していたチームが解散し、同チームに転入した。樋口一洋監督によれば、青木さんは小学校5年生の時には鈴川の野球場(レフト83・5m、ライト76・5m、センター86・5m)で柵越えするほどで、パワーが小学生離れしていたという。

 また捕手としての守備も優れていて、相手チームが肩を警戒して盗塁ができない程だという。「守備はバッティングに次ぐ第2の武器」と青木さん。「扇の要」として、チームにエラーなどミスが出た時も、積極的に声をかけチームの士気を上げることに努めているという。

 チームでの練習のほか、寒川公園の野球場など、大きな球場で、打球を遠くへ飛ばす練習をしているという。パワーの源はよく食べること。「好きな食べ物の1位はお寿司、2位は焼き肉」と笑顔で話す青木さん。将来は一流のプロ野球選手になることが目標で「大谷翔平選手が憧れ」と話している。

伊勢原版のトップニュース最新6

樂市樂座が再始動

樂市樂座が再始動 経済

24日に商業イベント

10月22日号

ナラ枯れ被害拡大

伊勢原市

ナラ枯れ被害拡大 社会

倒木の危険性呼び掛け

10月22日号

電子図書館を開設

伊勢原市

電子図書館を開設 社会

24時間貸出・返却可能に

10月15日号

2年ぶりに幽玄な舞

大山

2年ぶりに幽玄な舞 文化

能楽殿で火祭薪能

10月15日号

eスポーツの拠点 開設

竹内型材研究所

eスポーツの拠点 開設 経済

加工見学や試遊体験も

10月8日号

初の秋季関東大会へ

向上高校硬式野球部

初の秋季関東大会へ スポーツ

目標は春のセンバツ出場

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook