愛川・清川版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

12月14日にヌーボゆずわいんを発売した清川村商工共栄会の会長 落合 邦雄さん 清川村煤ヶ谷在住 58歳

若飲みの味を楽しんで

 ○…「鮎で言えば若鮎。ピチピチの”若飲みの味”を楽しんでほしい」と釣り場の経営者らしい表現。2005年に地域振興を目的に同会が企画し、生産が始まった「清川ゆずわいん」。豊かな自然の中で育った村内産のゆずが醸す芳醇な味わいが人気で、毎回発売すると売切れ必至の人気商品だ。今年は、製造元の提案から出荷後4週間で完成するヌーボの話しが持ち上がり、このほど完成。12月14日から村内8カ所で300本限定販売されている。

 ○…村内の商工業者らで構成される清川村商工共栄会。今年はヌーボわいんに加え、毎月1回、村役場前での買物支援事業・出張市場をスタート。人出も順調で「出店者のピーアールにもなるし、訪れる人の交流の場にもなっている」とにこやか。ステージショーに似顔絵、野菜詰め放題など、毎回趣向を凝らした特別コーナーが人気で来場者を飽きさせない。「いろいろな人の話を聞いて新しいことを取り入れたい」とも。

 ○…社団法人日本空手協会神奈川県本部の本部長。中学・高校時代はテニス部に所属していたが、大学入学時に「心身を鍛えたい」と一念発起し空手を始めた。以来、生涯武道が合言葉。「おかげで身体は丈夫になった。仕事を休んだことは一度もない」と胸を張る。後進の指導や普及活動にも余念がなく、平成21年にはその功績が認められ、空手協会最高の栄誉とされる「日本空手協会精励賞」を受賞している。

 ○…生まれも育ちも清川村。愛するふるさとは「水と空気と環境が最高。自然の宝庫だよ」とめがねの奥で目を細める。釣り場の経営に休みはなく、年末年始もゆっくりはしていられないが「いつものこと」と。趣味を聞くとこんな答えが返ってきた。「お料理とお花作りです。自家製みそもつくります」と。してやったりの笑顔で。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版の人物風土記最新6件

後藤 務さん

愛川町シルバー人材センターの理事長を務める

後藤 務さん

7月6日号

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

青龍保存会の最年少会員として活動する

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

6月8日号

諏訪部 陽輔さん

愛甲商工会青年部の部長に就任した

諏訪部 陽輔さん

5月25日号

松若 昭雄さん

相模川水系広域ダム管理事務所の広域水管理課長を務める

松若 昭雄さん

5月11日号

石川 省吾さん

愛川町消防本部消防長に就任した

石川 省吾さん

4月20日号

松下 憲司さん

菜の花まつりの実行委員長を務める

松下 憲司さん

4月6日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク