愛川・清川版 掲載号:2013年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

レストラン栗の里 滞在型の店作りに評価

バラを前に笑顔の笹生さん
バラを前に笑顔の笹生さん

 県内の中小企業が開発したサービスや商品、技術などで具体的な効果が上がった事例を表彰する「かながわ産業Navi大賞2013」(主催/(財)神奈川県経営者福祉振興財団)がこのほど発表され、有限会社笹生農園レストラン栗の里(本店/厚木市山際)が地域振興賞に選ばれた。

 同社は敷地内にあるローズガーデンを開放。また、生産した米を土産として販売するなど、観光要素を融合した滞在型のレストランとしての取り組みが評価された。

 ローズガーデンは、本店オーナーである笹生新さんが2007年に栽培を開始。今では100種300株のバラを楽しむことができ、今年の5月には2万5千人が来場したという。笹生さんは「賞を生かし、まちづくりにも貢献したい」と話した。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク