愛川・清川版 掲載号:2013年11月1日号
  • googleplus
  • LINE

愛川町長に就任した 森川 絹枝さん 愛川町中津在住 62歳

アイデアは次から次へ

 ○…当選直後から40年ぶりの民間出身、県内町村でも初の女性など周囲は騒がしいが、愛川町の事を知ってもうらきっかけになればという思いで、全て前向きにとらえている。話を聞いたのは町長選挙翌日のこと。初当選の心境を「夢かなという気持ちの中で、自分に現実と言い聞かせているような感じ」と表現。一方で「職責の重さに身が引き締まる思いでもある」とも。愛川の自然をイメージし、周囲に勧められたというグリーンが良く似合う。

 ○…「行政運営から行政経営へ」は選挙期間中、繰り返し訴えたキーワードの1つだった。インターネット通販会社を経営する自身が、経営者の視点で町を見ると、まだまだお宝が眠っている。それを研究・発掘し、キラッと光り輝くブランドにと思いを巡らせる。気持ちは言葉に表れて「農産物だってそう、手づくり品だってそう」と、アイデアは次から次へ止まらない。マーケティング室の設置を視野に、町を外へ売り込む体制を強化させる方針だ。

 ○…告示の前日。事務所に行くと「森川、ちょときて」の声が。言われた通りに向かうとそこには花束とケーキがあった。自身も完全に忘れていた誕生日のサプライズ。「皆さんの心遣いに感謝、感激で」と思い出しながら涙をこぼす。町づくりについて身振り、手振りを交えて熱っぽく語る様子とは、また違った一面をのぞかせる。

 ○…石川県出身。本人曰く、幼い頃は人見知りで「家の中で絵を描いたり、人形遊びをしたりする子でした」と振り返る。結婚後、夫の親の店を手伝う中で人のつながりの大切さや、商売の面白さを教えてもらった。経営者として企業は人という信念がある。厳しい経済環境下でも雇用を守り続けてきたのはそのためだ。「人は石垣人は城、行政も同じ」と。読書も好きだが、癒しには、ハワイアンミュージックがお気に入り。携帯でいつでも聞けるようにしているそうだ。
 

愛川・清川版の人物風土記最新6件

佐藤 誠三さん

かやねずみ先生として県立あいかわ公園で自然イベントの講師を務める

佐藤 誠三さん

8月3日号

後藤 務さん

愛川町シルバー人材センターの理事長を務める

後藤 務さん

7月6日号

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

青龍保存会の最年少会員として活動する

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

6月8日号

諏訪部 陽輔さん

愛甲商工会青年部の部長に就任した

諏訪部 陽輔さん

5月25日号

松若 昭雄さん

相模川水系広域ダム管理事務所の広域水管理課長を務める

松若 昭雄さん

5月11日号

石川 省吾さん

愛川町消防本部消防長に就任した

石川 省吾さん

4月20日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク