愛川・清川版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

3月21日に「みゅうじっくぼうるコンサート」を開催する音楽療法士 小林 朱見さん 清川村煤ヶ谷在住 56歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

音楽も生活も自由に満喫

 ○…器の中で様々な野菜が一つになるサラダボウルのように、障がいのある人もない人も、大人も子どもも一緒になって楽しむ。それが自身の音楽療法教室「みゅうじっくぼうる・めい」。コンサートでは、障がい者施設に通う利用者や知的障がい児の自主グループが出演し、観客にも打楽器が手渡され会場一体で楽しむ。コンサートの主催は初。「段取りを考えるのが楽しくて」と、当日が待ち遠しくてたまらない様子だ。

 ○…音楽で心をリフレッシュし、リズムに乗って体を動かすことで身体機能の向上も図る音楽療法。教室は東京から静岡県まで、各地の施設を訪問して開かれるため「いつも飛び回っています」とエネルギッシュな毎日。「『手が思うように動かなかったのにドラムを叩けた』とか、少しでも良くなってくれると本当に嬉しい」と目を細める。

 ○…東京都出身。大学卒業後は卒論でも関わった障がい者を支援する仕事を選んだ。ところが、最初に就職した施設は寝たきりなど重度の人の施設。「今では考えられませんが、当時は『寝返りできる人は転がってトイレまで行かせる』という方針。若くて何もできなかったけれど、『違うんじゃないかな』っていつも考えていました」。自分にできる方法で何かできないか。模索する中で見つけたのが音楽療法だった。昔から音楽は大好きだが「ピアノは『バイエル』だけで辞めちゃった」と苦笑する。音符に沿った音楽よりも自由な音楽。ビートルズや荒井由実に憧れ、ギターも独学。楽譜を使わない音楽はむしろ仕事では「現場に合わせて音程や速さを変えたりできる」とピッタリ。

 ○…清川村に住んだのは25年前。「最初はすごい田舎と思ったけれど、住めば都」と満面の笑み。長男長女は独立し、夫と犬3匹の自由な生活。「散歩をしていると近所の人に『大根持っていきなよ』と声をかけられる。のどかで、来てよかった」と柔和に微笑む。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク