愛川・清川版 掲載号:2015年5月15日号 エリアトップへ

4月から県立煤ヶ谷診療所に赴任した 高畑 丞(じょう)さん 清川村煤ヶ谷在住 30歳

掲載号:2015年5月15日号

  • LINE
  • hatena

「人のため」が自分もハッピー

 ○…内科、小児科等の一般診療のほか、予防接種、往診など清川村の医療を支える県立煤ヶ谷診療所の医師として4月1日から勤務している。「人柄の良い人たちばかりで、ストレス無くむしろ癒されながら仕事をさせてもらっています」と満面の笑み。綺麗な水と緑に惹かれ煤ヶ谷に移り住み、朝の散歩など清川の魅力を満喫する日々だ。

 ○…「もともと人と話すのが好き」なタイプで、診療でも会話を重視する。「相手が医者だと、聞きたいけれど遠慮してしまう方も多いので、いつも『何か気になることはないですか』と一歩あゆみ寄ることを心掛けています」と話す。世間話の延長線で患者の家族構成や親類の病歴も尋ね、これらの情報を本人の診療に活かすこともあるという。

 ○…横浜市神奈川区出身。高校の時、将来について考え「誰かのために貢献できる仕事を選びたい。人のためになる事は、自分もハッピーになれる」と医者を志した。両親は医者ではなかったが、「母が台湾出身で、儒教の教えをとても大切にしている人なんです。『家族や身の周りの人を大切に、できることがあれば人のために』という考えは、その影響かも知れませんね」と柔和に微笑む。

 ○…夢を追って選んだのは、栃木県の自治医科大学医学部。卒業後に自身の出身高校のある都道府県で9年間勤務することで学費が免除される。各都道府県から2〜3人程度の定員に100人以上が受験するという難関を突破。卒業後は県立足柄上病院や相模原赤十字病院、相模原市立青野原診療所で勤務し、診療所長も務めた。医者としての夢は、特定の診療科目にかたよらず総合的に人を看る「家庭医」だ。

 ○…留学生の受け入れなどでタイやスイスなど海外の友人が多く、大学時代に知り合った友人とは今も年に何度か会うという。夏休みなど長期の休暇には、日常を離れて遠く海外を旅するのが一番の楽しみだ。
 

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク