愛川・清川版 掲載号:2015年8月14日号 エリアトップへ

平和と命の尊さ 胸に刻み 神奈川県議会議員 馬場学郎

掲載号:2015年8月14日号

  • LINE
  • hatena
神奈川県議会議員 馬場学郎
神奈川県議会議員 馬場学郎

 310万人。この数字は第二次世界大戦での日本の戦没者数です。愛甲郡・厚木市・相模原市の人口を足しても100万人余りです。この市町村が全て無人になってもまだ足りぬ程の人々が、戦争の犠牲となり命を落としました。その中には若者もいます。20数年の人生でお国のために命を捧げた若者たち。考えただけでも胸が苦しくなります。

 その後、焦土と化した第二次大戦の敗戦からわずか20年余りで世界第二位の経済大国に上り詰めた日本。世界史上、類を見ないスピードで復興し、高度経済成長を成し遂げました。

 しかし今の日本は、低迷が続き、未だに再浮上の糸口をつかめないままもがいています。私たち戦後生まれの団塊の世代は日本のバブル期を過ごしました。戦後日本において、貧しい時代から高度経済成長を牽引してきた世代が団塊世代ならば、その子どもたち団塊ジュニア世代はバブルの泡が弾けてから社会に出て苦労を強いられています。そしてその後のゆとり世代と称される現代の若者たちは、戦争も知らなければバブルも知らない。戦争に苦しんだ若者と比べるにはあまりにも社会環境、経済状況が違いすぎますが、おそらくそれぞれが等身大の悩みと不安を背負いながら今を生きている事と思います。

 日本の悲劇から70年。戦争を経験された方は少なくなりました。現代の私たちに出来ることは本来日本の未来を担うべき多くの尊い命が犠牲になった過去を風化させないよう、それぞれの世代が学び、先人たちの恩恵を胸に今をしっかりと生きてゆくことなのだと思います。忘れられつつある平和と命の尊さを深く考え、理解し、受け止めることが、今の私たちにとって必要なことだと思います。

神奈川県議会議員 馬場学郎後援会

愛甲郡愛川町角田16

TEL:046-284-2700

http://www.gakurou.com

愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

愛甲郡を育む!磨く!伸ばす!輝かす!〜地域活性化で住みたいまち清川・愛川〜

意見広告

愛甲郡を育む!磨く!伸ばす!輝かす!〜地域活性化で住みたいまち清川・愛川〜

自由民主党愛甲郡連合支部女性局長 つちや美和

3月22日号

新しい時代へ向けて地元・地域に関心を

代々住み続けられる町に

意見広告

代々住み続けられる町に

小島(こじま) 淳(あつし)

6月8日号

希望の党 〜政権交代へ〜

意見広告

希望の党 〜政権交代へ〜

前衆議院議員 ごとう祐一

10月6日号

優しさを、届けます。

意見広告

優しさを、届けます。

自民党神奈川十六区支部長 よしいえ ひろゆき

10月6日号

見つめ直そう 平和の尊さを

見つめ直そう 平和の尊さを

厚木市長 小林常良

8月14日号

子どもたちに伝えていく責任

子どもたちに伝えていく責任

民主党 衆議院議員 後藤祐一

8月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク