愛川・清川版 掲載号:2016年6月10日号
  • LINE
  • はてぶ

愛川地区まちづくり協議会の会長に就任した 小島 信男さん 愛川町半原在住 69歳

静かにたぎる 郷土愛

 ○…愛川地域のまちづくりのために、20の団体と議員、個人など60人以上が集結した愛川地区まちづくり協議会。まとめ役就任に「自分たちのまちを何とかしたいという思いは一つ。様々な団体や個人を横断的に繋ぐことができれば、まだまだ活路は見いだせる」と力強く前を見据える。「このまちには遺産・資源はいっぱいあるのだから」。柔和な笑みに郷土愛が光る。

 ○…自宅の眼下には、町が進める観光拠点構想づくりの要である横須賀水道半原水源地跡地が広がる。「誰かがやってくれると受け身になっていては、税金を投じても良くならない。地域の資源をゼロから見直し、町づくりに主体的にかかわっていかないと」と、身を乗り出す。本当に愛川のためになるのか、住民が望んでいるのか。人々の声をまとめ、町に届ける。「そのために、時には町側と対峙することも辞さない。摺合せのプロセスはそのくらい熱く」と、決意を語る。

 ○…半原生まれ半原育ち。神奈川県庁に入庁し、畜産課長や畜産研究所所長などを歴任。知事とのパイプも太い。畜産課長時代には、国内を震撼させた狂牛病問題があった。発症した牛と同居していたというだけで、健康な牛も処分しなくてはいけないという、農家にとって身を裂かれるような厳しい決定。それでも早期沈静化のために、農家たちは苦渋の決断を下し協力した。結果として神奈川県は迅速に収束したが、この経験は今にも通じる。「一つのものを目指すために、皆が協力する。それが大切」と深くうなずく。

 ○…夫人と三男の三人暮らし。長男次男は独立し孫は4人。時折訪ねてくるのが「楽しみ」と相好を崩す。ゴルフや盆栽も楽しみだが、一番は「義太夫」とにっこり。糸の町として栄えた頃、半原では旦那衆の間で義太夫が流行した。「町の旦那衆は本当に上手かった。父も良く風呂場で歌っていた」。時を経て、今は自身の声が風呂場に響く。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

伊從 弘さん

11月3日から始まるねんりんピック富山2018のソフトボール競技に出場する

伊從 弘さん

11月2日号

萩原 智恵子さん

よさこいダンスチームFunnyの代表を務める

萩原 智恵子さん

10月19日号

吉島 崇憲(たかのり)さん

動物愛護啓発活動などを行う「清川しっぽ村」代表を務める

吉島 崇憲(たかのり)さん

10月5日号

三浦 祥子(さちこ)さん

愛川町の有害鳥獣対策実施隊で唯一の女性隊員として活動する

三浦 祥子(さちこ)さん

9月21日号

佐藤 誠三さん

かやねずみ先生として県立あいかわ公園で自然イベントの講師を務める

佐藤 誠三さん

8月3日号

後藤 務さん

愛川町シルバー人材センターの理事長を務める

後藤 務さん

7月6日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月2日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク