愛川・清川版 掲載号:2016年8月5日号 エリアトップへ

中津公民館で陶芸教室の講師を務める 太田 学さん 愛川町中津在住 43歳

掲載号:2016年8月5日号

  • LINE
  • hatena

「とことん」こだわる

 ○…中津公民館での陶芸教室や、県立あいかわ公園工芸工房村で長年陶芸の指導に携わっている。4年ほど前から、同館では夏休みに子ども向けの陶芸教室も行っている。「やる気がある子は本当に楽しんでくれるし、伸びる」とにこやか。自身が初めて陶芸に触れたのも小学校3年生の時だった。真剣な眼差しで土と向き合う子どもたちの姿は、思い出に重なる。

 ○…相模原市で生まれ、小学2年で愛川町へ。犬の散歩がてら見かけたカルチャースクールのポスターを見て、軽い気持ちで第一歩を踏み出した。この時講師として出会ったのが、今も師と仰ぐ長谷川雅一氏。教室での指導方針は「器一つに1カ月かけた」という。全体のバランスから細かいところまで、とことんこだわって、納得いくまで手直しして作品を作り上げる。込められたこだわりと想いの強さが、一つの器を芸術作品に昇華させる。

 ○…師と同じ京都嵯峨美術短期大学を卒業し、陶芸の素材を扱う会社に就職。人脈を広げ、八菅山に太黒窯を開いた。信楽陶芸展や日本新工芸展など多数の入選を重ね、自身の門下生は最大で100人以上になったことも。「とことんこだわる」作品づくりへの姿勢はしっかりと受け継がれ、生徒も一つの作品に数カ月かけることは珍しくない。「完成の姿をしっかり思い描くことをいつも言っている」と眼差しに力を込める。作りたいと思ったものは自由にやらせる。「どうやったらできるか、まず自分で考えさせる」。自身も「普通の器より造形作品が好き」と遊び心は忘れない。

 ○…現在は自宅と工房を中津に移し、中津川のせせらぎを聞きながら作品づくりを続ける。リフレッシュはドライブ。昔から車好きで、5台目となる今の愛車は日本で数台しかない特別仕様のアバルト。以前は「気が向いたらふらっと京都まで」の気ままな旅もできたが、「最近は忙しくて」と少しご無沙汰だ。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク