愛川・清川版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

三増手作り甲冑隊の隊長を務める 原 法雄(のりお)さん 愛川町三増在住 76歳

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

臨機応変 光る職人芸

 ○…今年で17回を数える三増合戦まつり。花形である武者甲冑隊を束ねる隊長役を15年務めている。当日の天候や時事ネタなどを盛り込みながら、時にユーモラスに、時に真剣に、独特の口上は祭りの名物だ。「台本通りに読めなくてね、いつも臨機応変」と笑う。それでも全体の進行に合わせて時間を調整し、他の役者が演技しやすいように気を配るのは職人芸だ。

 ○…生まれは秋田。1964年、内陸工業団地に新たに設立した会社へ就職し、これを機に町田へ。その後愛川に移った。親戚の縁で、当時の農協が運営する町内の有線放送協会に就職し、お知らせ番組作りを担当した。「右も左もわからなかった」というが、番組作りを通して地域の人はもちろん、町長や警察署長など多くの人々に体当たりのインタビュー。経験が成長の糧となった。取材経験を買われ、農協新聞の創刊にも携わった。

 ○…定年の年に初開催された同祭に参加し、「自分の甲冑を作ってみよう」と思い立ち、厚紙や布などを使って甲冑を作製。それを聞きつけた仲間から、甲冑部の部長に推された。「自分でもその気になっちゃって」と苦笑しながら振り返る。取材経験で培ったアドリブの強さは、まさに隊長に適任。今年も祭りの日は目前に迫る。「面白い事言おうと思うとかえってプレッシャーになることもある。『今年は真面目に』なんて言ったら、むしろ笑いが起きちゃったり」と、緊張感も楽しんでいるようだ。

 ○…自宅は夫人と次女家族が同居している。お正月など長女の家族も集まれば、孫5人の大家族。地域のソフトボールクラブに所属しているが、山登りやそば打ち、花見など内容は多彩。最近は地域のクラブが減少傾向にあるが「いろいろやるから続くんです」とニコリ。就職した1964年は東京オリンピックが開催された。「元気だったら次のオリンピックも見に行きたいな」と目標を掲げる。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク