愛川・清川版 掲載号:2016年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

心理カウンセラーとして愛川高校で講演した 川勾 秀彦さん 愛川町中津出身 48歳

今は恩返しの日々

 ○…近年は小学生が「生活に疲れている」と言うほど、大人から子どもまで心の疲弊が浮き彫りになっている。講演では「自分の心を大切にしよう」と優しく呼びかけた。「環境にくじけるのではなく、どんな役割、立場でも『今の自分にしかできないこと』と思えばまっすぐ向き合える」。目をそらしたくなる短所を長所に。難しいようだが、全ては心ひとつで変わる。

 ○…川崎市で生まれ、10歳で中津へ。中津第二小、愛川東中と幼少期を過ごし、愛川高校の第1期生として入学。「校舎も机もピカピカ。そして、新しい学校を作っていくんだという情熱あふれる先生たち。充実した3年間でした」。当時の高揚感に言葉にも熱がこもる。良き出会いに触発され、東海大学進学後に教師の道を志したが、教員試験に4回落ち、27歳で教師に。

 ○…愛川東中や厚木市の睦合中など、教員経験は約20年。生徒指導や進路指導など様々な役割で奔走したが、抱える仕事の多さから壁にぶつかり、念願の職業だったが退職することに。疲れた心と体のまま、この先どうしたらいいかわからず悶々とする毎日。偶然広告で見かけた心理カウンセラーの学校に通ったことで、新たな道が開けた。「自分も救われたし、挫折や悩んだ経験がいかせる仕事でもあった」と語る。今年4月からは、市ヶ尾高校のキャリアサポーターとして、進路の悩みにこたえる。「生徒、先生、保護者の悩みを解消してあげることは、途中で教師を退職してしまった私にとって、教育業界への恩返し。ゆくゆくはカウンセリングルームを立ち上げたい」と夢を掲げる。

 ○…京都や北海道、沖縄など、夫人との国内旅行が一番の楽しみ。「私がどん底でネガティブだった時にも、『これからどうするの』みたいなプレッシャーをかける言葉は一度もありませんでした。それが、今となってはとてもありがたかった。本当に感謝ですね」と柔和にほほ笑む。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

向島 史朗さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第50代理事長に就任した

向島 史朗さん

1月12日号

鈴木 美由紀さん

読み聞かせグループ「おはなしゆりの木」の代表を務める

鈴木 美由紀さん

12月15日号

冨田 茂子さん

秋の明治神宮献詠短歌大会で「入選」に選ばれた

冨田 茂子さん

12月1日号

沼田 彰さん

中津川仙台下クラブの代表を務める

沼田 彰さん

11月17日号

池田 倫子さん

野鳥ガイドツアーの講師を務める

池田 倫子さん

11月3日号

井上 幾雄さん

愛川町吟詠連盟の会長を務める

井上 幾雄さん

10月20日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク