愛川・清川版 掲載号:2017年3月10日号 エリアトップへ

ドミニカの大使が表敬訪問 愛川町と友好深める

社会

掲載号:2017年3月10日号

  • LINE
  • hatena
写真左から、ドミンゲス大使、小野澤町長、セペーダ総領事
写真左から、ドミンゲス大使、小野澤町長、セペーダ総領事

 駐日ドミニカ共和国大使館のエクトル・パウリーノ・ドミンゲス・ロドリゲス特命全権大使と、在東京ドミニカ共和国総領事館のカルロス・セペーダ総領事が2月22日、愛川町役場を訪れ、小野澤豊町長を表敬訪問した。

 愛川町は、日本で最も多くドミニカ共和国籍の人が在住(2017年2月1日現在・60人)していることから、両氏は町に対する感謝を伝えるとともに、今後、同国と愛川町の友好を深めるために訪問した。

 町役場では、日本とドミニカ共和国との交流の歴史や、愛川町の観光・産業の紹介、野球を通しての交流などについて懇談を行った。

 懇談後は、小野澤町長とともに宮ヶ瀬ダムや神奈川中央養鶏農業協同組合を視察。宮ヶ瀬ダムを間近で見学したほか、水とエネルギー館を訪れ、館員の解説に熱心に耳を傾けていた。

 ドミンゲス大使は「ドミニカ共和国では、日本から移民として居住されている方が多く、国民の多くが日本製の家電や自動車を利用するなど、日本の存在感が非常に大きくなっています。日本でもドミニカ共和国の存在感を高められるように、愛川町の方々との交流をさらに深めていければと考えています」と話した。
 

水とエネルギー館の視察
水とエネルギー館の視察

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク