愛川・清川版 掲載号:2017年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

キックボクシングNJKFスーパーフェザー級日本チャンピオンの座に就いた 沼崎 琢磨さん 愛川町中津出身 24歳

常に挑戦者であれ

 ○…2月19日、格闘技の聖地、後楽園ホール。勝利の喜びに、涙が止まらなかった。蹴りやひじ打ちなども使われるキックボクシング。戦いは壮絶を極め、試合後の瞼ははれあがり「下がかろうじて見える」ほどに。それでも「一つの目標が形になった。人生でこれほど嬉しかったことはありません」と晴れやかな笑顔。

 ○…挑戦者として臨んだ日本タイトルマッチ。試合前、自身の勝利を予想する声は少なかった。違う階級で辛酸をなめた相手に「技術ではかなわない。打撃で勝負」と決めていた。道のりは平坦ではなかった。大きなケガで2年間のブランク。昨年復帰戦を勝利したが、日本タイトル2カ月前には仕事中に右手を負傷。右が打てるようになったのは、試合1週間前だった。拳が使えない日々はメンタルトレーニングで徹底的に自己の内面に向き合った。「リラックスしながら闘争心を保つとてもいい状態で臨めた。あのケガがなかったら、勝てなかったかもしれません」と振り返る。

 ○…中津小、愛川東中と地元で育った。野球少年で、中学時代は愛甲リトルシニアで外野手だった。光明学園相模原高校でも野球部に入ったが、1年の冬に退部。「あの頃の自分は遊んでばかりで」と苦笑する。部を退いたものの、同世代の皆が情熱を注ぐ姿に、自分も新たな夢を探す。好きだった格闘技の道を志し、高校3年でキックボクシングの門を叩く。19歳でプロデビュー。現在は東京町田金子ジムに所属し週6日の練習に励む。「自分よりも強い相手に勝つ」が競技者としての目標。「常に挑戦者でありたい。そして、支えてくれる人たちに、感動と興奮を与えられる存在になりたい」と、前を見据える。

 ○…食べるのが大好き。練習中の休憩では、グルメ情報をチェックするのが定番だ。地元愛川町でのお気に入りは「ケーキなら『ラミエット』さん、オムライスなら『ラピュタ』さんですね」と満面の笑み。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

向島 史朗さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第50代理事長に就任した

向島 史朗さん

1月12日号

鈴木 美由紀さん

読み聞かせグループ「おはなしゆりの木」の代表を務める

鈴木 美由紀さん

12月15日号

冨田 茂子さん

秋の明治神宮献詠短歌大会で「入選」に選ばれた

冨田 茂子さん

12月1日号

沼田 彰さん

中津川仙台下クラブの代表を務める

沼田 彰さん

11月17日号

池田 倫子さん

野鳥ガイドツアーの講師を務める

池田 倫子さん

11月3日号

井上 幾雄さん

愛川町吟詠連盟の会長を務める

井上 幾雄さん

10月20日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク