愛川・清川版 掲載号:2017年6月9日号 エリアトップへ

5月21日の箱根ランフェス2017「三国峠ラン7・5km女子」で1位を獲得した 新井 紗耶香さん 愛川町半原在住 24歳

掲載号:2017年6月9日号

  • LINE
  • hatena

走るのは最高のリフレッシュ

 ○…芦ノ湖や富士山を眺めながら走る箱根ランフェス2017の三国峠ランは、スタートから急勾配の上り坂が続き、折り返して一気に下る7・5Kmのコース。「登りは苦手なので、前半はきつかった。1位を取れるとは思ってもいませんでした」と笑顔で振り返る。

 ○…愛川町半原生まれ。子どもの頃はスポーツ少女で、小学生から陸上や水泳を始め、中学時代ではトライアスロンにも挑戦。愛川町代表としてかながわ駅伝に出場し、町村の部優勝も経験した。トライアスロンの全国大会で選手の体調を専属栄養士がサポートしていることを知り、「もともと料理も好きだった」ということもあり、栄養士に興味を抱いた。厚木高校卒業後、群馬の専門の大学に入学。現在は厚木市の介護老人保健施設で管理栄養士として勤務し、施設の利用者にとって理想的な食事について日々考える。

 ○…本格的なスポーツからしばらく遠のいていたが、最近、職場に仲間と水泳部を設立する活動を始めた。トレーニングの一環として、走ることも積極的に取り入れている。ランフェスにも仲間とともに出場した。「3か月ほど練習しましたが、ここまでしっかり走るのは、10年ぶりくらいだったんです」と笑う。水泳部の練習とあわせ、今はトレーニングで週に4回ほど走る。個人練習では10Kmほど走るほか、自宅の半原から厚木市の勤務先まで走ることもあるという。「水泳で肺活量が鍛えられるので、走ることにも良い効果がありますね」と、深くうなずく。

 ○…両親と兄、弟の5人家族。「温泉ソムリエ」の資格を持つほどの温泉好きで、ランフェスへの参加も、走った後の温泉が楽しみのひとつだったとか。今後は水泳部の正式な発足を目指しつつ、「厚木マラソン」への出場や、走りと泳ぎを競う「アクアスロン」の大会出場が目標。「厚木マラソンはハイレベルな大会なので、頑張らないと」。視線は常に先を見据える。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク