愛川・清川版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

9月4日に厚木警察署長に着任した 清水 昭人さん 第95代署長 56歳

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena

知って守る、街の治安

 ○…「(神奈川県東部から)初めて相模川を渡りました」とうれしそうな笑顔。厚木市と愛川町、清川村を管轄する厚木警察署の第95代署長に就任した。「私たちにしかできない仕事とはなにか」と常に自問し続け、38年目。「街の治安を守れるのは警察官だけ」。誰のため、何のために職務に当たるのかしっかり考えてほしい―。着任のあいさつで署員に語りかけた。

 ○…北アルプスを望む、信州松本の出身。ドライバーの両親のため、兄と二人、学校から帰ると雪かきや風呂焚きで家事を手伝った。雪山に朝日が当たり赤く焼ける様がそれは美しかったこと、松本城のお堀で弁当を食べたこと。ふるさとを語れば、自然と口調に愛情がにじむ。「今は、朝起きて目に入る大山が、故郷の景色となんとなく似ているように見えてね」と目を細める。高校時代、味に惚れて通いつめるうちアルバイトに誘われた、松本市内のレストランどんぐりのスパゲティも、郷愁をくすぐる話題の一つだ。

 ○…高校卒業後、神奈川県警に入職。親元を離れた直後は一抹の寂しさもあったが、400人の同期と訓練に励んだ。記憶に残るのは、山岳救助隊としてパトロールをしていた丹沢山中での経験。沢登り中に20m滑落した男性遭難者を6時間以上かけて麓に下ろし無事に、救急隊へ引き渡した。訓練が実践に活きた達成感は今でも忘れない。 

 ○…着任後すぐに、管内の市町村長を訪ね、顔を合わせた。文化や名産品など、まちの特色を少しでも早くつかむため、交番や駐在所の署員とコミュニケーションをとるなど、「土地の良さをどんどん知っていきたい」と意欲的だ。単身赴任中の現在は、前の晩に用意した味噌汁と、自作の切り昆布の佃煮や目玉焼きで朝食をとり、簡単な昼食も持参する家庭的な一面を持つ。息子3人のうち長男が背中を追う。「相談なしに、合格してから報告を受けたんです」と父の顔がちらり。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク