愛川・清川版 掲載号:2017年11月17日号
  • LINE
  • hatena

中津川仙台下クラブの代表を務める 沼田 彰さん 愛川町角田在住 69歳

郷里の自然 守り続ける

 ○…「この木陰は川からの風が通り抜けて、夏は本当に気持ちいいんです」。川原を歩きながら、柔和にほほ笑む。中津川仙台下川原の整備を通して、水源環境の保全・再生に取り組む「中津川仙台下クラブ」。5ha以上の広大な土地は、かつて木や草が生い茂り、人の侵入を拒む密林のようだった。現在は平坦な広場に小さな清流が走り、憩いの場として多くの人が訪れる。

 ○…生まれは愛川町角田。「子どもの頃は毎日中津川で遊んだ」という活発な少年だった。父から譲り受けた土地で野菜などを作りながら会社員として長く勤務してきたが、手入れが届かず、荒れ放題の川原に心を痛めてきた。思い出の場所を「何とかしたい」。6年前に有志7人が集い同クラブを立ち上げた。当初は資金もなく、刈り払い機などを持ち寄り、手弁当で整備を進めた。2012年から神奈川県の補助が始まり、重機などを導入できるようになったことで作業が一気に加速。メンバーも約50人に広がった。

 ○…川原の整備から始まったクラブの活動は、今では自然と触れ合う活動に広がってきている。「ここの休耕地では、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋にコスモスが綺麗に咲きます。隣の休耕田では、米作りにも取り組んでいるんです」と瞳を輝かせる。かけがえのない自然という財産を活かすため、仙台下川原を活用した「水辺の学校」などを夢に描く。「やっぱり中津川は愛川の自然のシンボル。活用しない手はない。単純に『水辺は危険』と子どもたちを遠ざけるのではなく、危険と楽しさ両方をしっかり教えていかないといけない」と、熱を込める。

 ○…釣り、ゴルフ、スキー、山登りなど、趣味もやっぱり自然との触れ合い。3人の娘に恵まれ孫は5人。「お正月は賑やかですよ」と相好を崩す。「孫たちにも、もっと自然の中で遊ばせたいけれど、今の子どもたちは何かと忙しいからなぁ」と少し寂しそうに笑う。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

菅原 麻美さん

あいかわ楽習応援団「みんなの先生」として健康おんがく講座の講師を務める

菅原 麻美さん

11月30日号

中村 ひろ子さん

2018国際ゴールドマスターズで60m走と100m走で1位を獲得した

中村 ひろ子さん

11月16日号

伊從 弘さん

11月3日から始まるねんりんピック富山2018のソフトボール競技に出場する

伊從 弘さん

11月2日号

萩原 智恵子さん

よさこいダンスチームFunnyの代表を務める

萩原 智恵子さん

10月19日号

吉島 崇憲(たかのり)さん

動物愛護啓発活動などを行う「清川しっぽ村」代表を務める

吉島 崇憲(たかのり)さん

10月5日号

三浦 祥子(さちこ)さん

愛川町の有害鳥獣対策実施隊で唯一の女性隊員として活動する

三浦 祥子(さちこ)さん

9月21日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク