愛川・清川版 掲載号:2018年2月9日号
  • LINE
  • はてぶ

「お金って重たいね」 中津小で租税教室

教育

1億円の包みを抱えて重さを実感
1億円の包みを抱えて重さを実感
 愛川町立中津小学校で1月29日、6年生児童を対象に租税教室が行われた。

 これは、同校で毎年行われているもの。3学期の6年生児童は社会の時間に税や政治の仕組みなどを学ぶため、この時期に行われている。

 この日は、厚木税務署の職員や厚木法人会のメンバーが同校を訪問。税金の種類や、税金がなぜ必要なのかなどを解説した。「所得税や消費税など、税金は50種類くらいある」「小学校の体育館は、大きさなどにもよるが、建てるのに約4億円から5億円必要」「皆さんが使っている教科書など、学校の運営にも税金が使われている」など、身近な例を使った解説に児童らは真剣に耳を傾けていた。

 また、「もしも税金がなくなったら、どうなってしまうのか」のビデオ学習のほか、大きな金額のお金の実感を持ってもらうため、1億円の包みを一人ひとりが抱えて重さを体験。重量が10kgほどあるため、児童らは「結構重たい」と感触を確かめていた。

税の種類や内容を解説する法人会会員
税の種類や内容を解説する法人会会員

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク