愛川・清川版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

愛川町消防本部消防長に就任した 石川 省吾さん 愛川町田代在住 58歳

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena

「プロ意識」を常に

 ○…愛川町消防本部68人の先頭に立つ消防長に4月1日付で就任した。消防人生40年、長く救助隊として人命の関わる任務を経験してきた。常に心に置く言葉は「プロ意識」。職務とユニフォームに誇りを持ち、消防のプロとしてどうあるべきか自問自答し続ける。

 ○…九州福岡生まれ。小学4年で神奈川へ。愛川に住んで30年になる。小学校から高校までサッカーで汗を流した。消防署に勤務していた先輩に声を掛けられ消防職員に。「当時の愛川町役場サッカー部は強かった。体を動かす仕事で、サッカーもできて良いな、と思って」と振り返る。町の消防署は設立したばかり。少人数で職員の年齢も近く「家族みたいな雰囲気で楽しかった」と目を細める。しかし、現場を経験することで徐々に意識が変わっていった。「責任」と「覚悟」を心に刻み、プロ意識の大切さにたどり着く。

 ○…阪神淡路大震災と東日本大震災の被災地は人生に一石を投じた。災害派遣現場は凄惨を極め、消防力をはるかに上回る自然の脅威に圧倒された。重機が足りず、生き埋めになった人を救助するため6時間手作業で瓦礫を撤去した。「オレンジの服を着る意味、自分の仕事の重さを改めて感じた」と力を込める。今の町消防は世代交代の過渡期。課題は若手の現場経験不足だ。「10回の訓練より1回の現場。自分もそう教わりました。火が消えた後でもいいから必ず現場を見る。そこでしか学べないものがあるんです」。消防の魂は脈々と伝承されていく。

 ○…2人の娘は独立し夫人と二人暮らし。趣味は釣りで、鮎シーズン中は時間があれば中津川に通う。「昔はなかなかできなかったから」と、夫人とバスツアーなど旅行にも良く出かけるおしどり夫婦の一面も。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

村田 圭輔さん

青年海外協力隊としてブータンで農業支援の国際協力を行う

村田 圭輔さん

愛川町中津在住 29歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク