愛川・清川版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • hatena

必修化見すえ研修会 中津第二小でプログラミング学ぶ

教育

扇風機ロボットを自作してプログラミングで動かす
扇風機ロボットを自作してプログラミングで動かす

 2020年度から小学校で「プログラミング教育」が必修化されることを見すえ、愛川町立中津第二小学校で7月23日と24日、教員を対象にした研修会が開催された。

 プログラミング教育とは、コンピュータを思い通りに動かすためのプログラム技術を学ぶだけでなく、自分が物事を実現するために必要な動作や順序を論理的に考えられるようになる「プログラミング的思考」を育むことが目的。2020年度から実施される学習指導要領に盛り込まれる。

 しかし、学校現場ではプログラミング教育に関する知識の普及が進んでおらず、町教育委員会では中津第二小学校を先行的モデル校に指定。今年5月に教員を対象に初めての研修会を開催した。

 今回の研修会では、より踏み込んだ内容として「パソコンを使わないプログラミング教育」「パソコンのキャラクターを動かすプログラミング」「パソコンを使ってロボットを動かすプログラミング」の3段階に分け、それぞれの分野のエキスパートを講師に招いた。

 7月23日のロボットを動かす研修会では、教員約30人が参加。神奈川工科大学創造工学部長の金井徳兼教授が講師となって、自分たちで扇風機のロボットを組み立てた。

 タブレット型端末でプログラミングを作り、「3秒間回転させる」「一定時間回転した後に逆回転させる」など、予め動作を指示し、ロボットを動かした。教員たちは、予想外の動きを修正するなどプログラミングについて思考を巡らせながら学んでいた。参加した教員からは「とても面白いです。実際にロボットを動かすことで、世の中に様々なプログラミング技術が使われていることを実感できます」などの感想があがった。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク