愛川・清川版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める 小倉 克仁さん 愛川町半原出身 28歳

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

走れる今に「感謝」

 ○…「愛川の代表に選ばれたことは、とてもありがたいこと。主将という大役ですが、しっかりと団結力を高め優勝を目指したい」と、意気込みを語る。高校生と社会人で過去3回走ったかながわ駅伝。自分たちの町の誇りを襷に込めて走る同大会の魅力を「レベルの高い実業団選手など、普段は一緒に走ることができない選手と走る。ここでしか味わえない空気があります」と話す。

 ○…町村の部で2年連続優勝している愛川町。長くチームを率いた井上善一氏からバトンを受け取り、渡辺友巳監督の新体制で臨む。「若い選手が力をつけてきている」と、高校生や大学生を中心に若いチームを組み、自身はこれまでの経験を後輩に伝える指導役としてもチームに尽力する。

 ○…半原生まれ。半原小、愛川中と地元で育ち、愛川高校へ。幼少の頃から走るのが得意で、陸上クラブの半原レッドデビルスに所属。横浜の子ども駅伝では、初出場初優勝したことも。中学・高校と陸上部だったが、3000m障害の種目でケガを負い、この影響で一時は陸上から身を引いた。それでも、あつぎマラソンなどスケジュールの合う大会に参加するなど、走ることを完全に忘れることはできなかった。「仕事が終わってから夜走るくらいですが、主将に選んでいただいてからは、練習量も増えましたね」と笑顔を見せる。

 ○…現在は藤沢市に住み、夫人と5人の子どもの大家族だ。ものづくりが好きで、仕事は自動車部品製造の現場責任者。「建具職人だった父の姿を見てきたからかな」と目を細める。「かながわ駅伝の愛川町代表に選んでいただいた町の皆さん、走れる環境を作ってくれる家族、本当に感謝です」。最高の恩返しの贈り物に、3連覇の栄光目指して全力で挑む。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

村田 圭輔さん

青年海外協力隊としてブータンで農業支援の国際協力を行う

村田 圭輔さん

愛川町中津在住 29歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク