神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

国道135号根府川合流 渋滞深刻、観光に打撃 地元「彼岸前」の解決望む

経済

公開:2015年2月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
平日でも長い渋滞が続く
平日でも長い渋滞が続く

 1月14日から交通方向の切り替えが行われた国道135号線と県道・市道の交わる根府川合流部。渋滞の緩和と安全性の向上を目的に行われた工事が、これまで以上に、上下線とも激しい渋滞を引き起こしている。春の行楽シーズンを前に国道沿いの飲食店などでは、悲鳴に近い声が上がっている。

 根府川合流部の工事は、2002年度に事業が開始、07年度に工事が着工された。国道135号線の下り車線に右折レーンを設置、国道と県道740号線への合流部分に信号機を新設するなど、交通の流れを変えることで、渋滞の緩和と事故防止を目指したもの。工事は14年度内に完了する予定で、総事業費は約13億円。

 しかし、切り替え直後から、県西土木事務所小田原土木センターには、道路利用者を中心に渋滞に関する苦情が寄せられている。センターでは、2月25日までに8回の交通量調査を行い、県警に情報を提供。県警は、国道135号線の青信号の時間を84秒から99秒に変更し、国道を流す対策を講じたが、今度は接続する県道740号も渋滞してしまい、困難なバランス調整に直面している。

行楽シーズン前風評被害も懸念

 渋滞は、地域経済にも影響を及ぼし始めている。

 国道沿い・市内根府川の飲食店店主は「お客さんが予約時間に2時間遅れで到着したことも。今がこんな状況で桜のシーズンやGW、夏休みは一体どうなるのか」と頭を抱える。同じ国道沿いで江之浦の飲食店主は自ら対案を示しながら「彼岸前には解決してほしい。県西だけの問題ではない。急がないと、(観光客が)沼津にまわってしまう」と心配を隠さない。現在、梅まつりを開催中の湯河原町観光課でも『東名高速で三島や沼津を回った方が早い』という風評被害を懸念していた。

 現状を踏まえ、地元選出で自民党の守屋輝彦県議は、党に働きかけ、週明けの3月2日(月)の県議会常任委員会で、交通ルールの変更など具体案を示しながら、県に対応策を迫るという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

SDGs活動を一冊に

おだわらSDGs実行委員会

SDGs活動を一冊に

2023年度版が完成

5月18日

幻想的な竹灯篭

幻想的な竹灯篭

中井町 厳島湿生公園

5月18日

「なりわい体験」参加募集

「なりわい体験」参加募集

商議所会員 5月31日締切

5月18日

音楽とヒーリング

読プレ

音楽とヒーリング

6月16日 三の丸ホール

5月18日

5月26日に総会

西湘高同窓会

5月26日に総会

現役生と交流イベントも

5月18日

猫の里親会

猫の里親会

フレスポで

5月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook