小田原版 掲載号:2018年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

先輩の精密技を伝授 土地家屋調査士が出前授業

教育

 神奈川県土地家屋調査士会県西支部(力石高志支部長)のメンバーが1月18日、小田原城北工業高を訪問し、出前授業を行った。

 土地家屋調査士の仕事に対する理解を深め、進路決定の参考にと毎年実施されており、今年で9回目。当日は建設科の2年生が座学と実習を受講した。

 座学では業務内容や調査士が果たす役割を解説。塩月三智徳さんは「建設業界に入ったら少なからず関わってくるのが調査士。これからの選択肢の一つにしてもらえたら」と未来の後輩にエールを送った。

 実習では実際の測量機器を用いて距離や角度を測り、指定場所に釘を打つ作業が行われた=写真。将来、測量関係の仕事を目指している井澤彩香さん(17)は「ミリ単位までより精密に測っていくのが難しかったが、楽しかった」と話した。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

室町からの技、一堂に

室町からの技、一堂に

清閑亭で「木のうつわ展」

5月25日~5月27日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク