本紙記者も採取に参加 MPマイクロプラスチック 小田原にも漂着 県が調査、クッション素材が流出か

社会

掲載号:2018年11月10日号

  • LINE
  • hatena
小田原で採れたMP
小田原で採れたMP

 環境汚染要因として注目されるマイクロプラスチック(MP)が、小田原にも漂着している。県の調査で種類などが明らかになってきた。

 MPは食品トレーやペットボトル、発泡スチロールなどが細かくなったもので、5mm以下と定義されている。海を漂流するとも海底に沈むとも言われるが、相模湾の状況はよく分かっていない。

 東京湾では魚が餌として食べたり、海外では食塩や水道に混ざっているという研究発表もある。問題は有害な化学物質を吸着しやすいという点だ。それらが貝や魚、鳥などに取り込まれ、食物連鎖で濃縮される懸念がある。

 県では相模湾のMPの分布を把握するため、昨年から逗子や横須賀、平塚、酒匂川河口付近の4カ所で調査を開始。分析の結果、小田原に漂着したMPのほとんどはクッションの充填剤などに使われる発泡スチロール(ポリスチレン)と分かった。外からの漂着というより内陸から流れ出た可能性が高いという。

 県はサンプルを増やすべく県民参加型の調査も始めており、本紙記者も7月下旬に湯河原海岸と真鶴岩海岸で採取した。

 貸出キットを使い、まずは40cm四方を区切って表面をすくい取り(20カ所分)2重のふるいにかける。草木の破片に交じって現れるプラスチックをピンセットで拾う。採りきれないほど細かい粒子もあり、潜在的なプラスチックの量に気が遠くなった。県環境科学センターの分析の結果、真鶴はポリエチレン(透明または色つき破片)の割合が多く、湯河原は小田原と同様にポリスチレンが半分以上を占めていた。

 調査は季節や雨風の影響も確認する必要があるが、西湘沿岸のサンプルはまだ足りない。県は「興味のある方はご協力を」と呼びかけている。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

明大学生が子ども向け企画

明大学生が子ども向け企画 文化

9月28日 宿場祭りで

9月14日号

箱根で秋の気配

箱根で秋の気配 文化

ススキ、見ごろは10月半ば

9月14日号

本でつながる

体験レポート 21

本でつながる 文化

豊島邸のブックカフェ

9月14日号

県西の雄 足柄FCが躍進

県西の雄 足柄FCが躍進 スポーツ

高・低学年が県西W(ダブル)優勝

9月14日号

自己見つめ道拓く

自己見つめ道拓く 経済

小田原藩龍馬塾

9月14日号

古紙リサイクルに一手

小田原市

古紙リサイクルに一手 社会

新聞回収袋を製作

9月14日号

男性の育休に高い関心

女性ランチミーティング

男性の育休に高い関心 経済

職場の枠越え意見交換

9月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク