板金加工65年の匠の技 柳川さんが黄綬褒章

社会

掲載号:2020年5月30日号

  • LINE
  • hatena
章記と褒章を持つ柳川さん
章記と褒章を持つ柳川さん

 小田原市中里の柳川辰男さん(80・(有)柳川板金工業所代表取締役)が令和2年春の褒章で、黄綬褒章を受章した。

 黄綬褒章は農業、商業、工業の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する人に贈られる。柳川さんは板金加工の職人として65年間技術を磨き上げ、屋根に取り付ける鬼飾りや文字看板も得意とする。

 板金加工は1枚の銅板や鉄板を金づちなどの工具で叩き、曲げて、自在に形づくる技術。1日に数万回打ち続けるため、手のひらの厚さは4cmを超えて頑丈だ。「鬼飾りは家の守り神。心を込めて作っています」と笑顔を見せる。

 今でも毎日のように住宅や神社仏閣の屋根に上り、寸法をとったり製作した鬼飾りなどを取り付けている。幼いころからマラソンが好きで、今も日々ジョギングやグラウンドゴルフで鍛えているため、身軽さは健在だ。

 また、20年以上にわたり若手職人の指導にあたっている。「どんなに機械化が進んでも、プレスの型の元を作るのは手作業」と話し、0・01mm単位の技術を後進に伝える。「職人は、本当に仕事が好き。あと10年は頑張りたい」と、意欲を語った。

富田さん・泰田さん藍綬褒章を受章

 小田原市からは他に、保護司の富田幸治さんと元民生委員・児童委員の泰田幸枝さんが藍綬褒章を受章した。藍綬褒章は産業振興、社会福祉振興で優れた業績を挙げた人、公共事務に尽力した人に贈られる。

柳川さんが製作した鬼飾りと宝珠
柳川さんが製作した鬼飾りと宝珠

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook