「五輪1年延期をプラスに」 クレイ選手(相洋AC)が再始動

スポーツ

掲載号:2020年6月27日号

  • LINE
  • hatena
母校の後輩とともに練習するクレイ選手
母校の後輩とともに練習するクレイ選手

 2021年夏に延期となった東京オリンピック・パラリンピック。陸上男子800mでの出場を目指すクレイアーロン竜波選手(相洋AC所属・18)が、緊急事態宣言解除後、再び小田原に戻ってきた。

 今春、相洋高校を卒業後、半年間は母校に新設されたチームに属して五輪に挑戦し、秋に米国の大学へ進学する予定だったクレイ選手。だが新型ウイルスの拡大を受け「目標に向け調整してきたスケジュール、リズムが崩れた」。最大のターゲットである五輪は延期。「仕方がない」としながら「気持ちの面でも仕切り直し。1年は長いですよね」とつぶやく。

 緊急事態下では練習場所の確保も難しく、地元藤沢の砂浜を走るなど「できる範囲でトレーニングを重ねてきた」という。6月15日からは同校陸上部も活動を再開し、ようやく後輩と共に練習に打ち込む日々が戻った。「一人でやるのとチームメイトと一緒に走るのは全然違う。何より楽しい」。学校の坂道を活用した走り込みには「久しぶりに、きついっす」。汗をぬぐう表情は、どこか楽しそうだ。

  ※  ※  ※

 後輩たちの大きな目標である高校総体(IH)の中止を受けては「IHがあって今の自分があるといえるほどの大会。後輩には声をかけられなかった」と明かす。だが気丈に前を向く後輩の姿を頼もしそうに見つめ「一緒に頑張ろうって、高めあって走れたらいいなと思う」。

 自身も五輪出場に向けた再調整を余儀なくされ、今秋の渡米に関しても情勢は流動的だ。だが「(延期は)プラスとマイナス両方ある。1年余裕ができ、まだまだ鍛えられると捉えたい」。「今出来ることをコツコツと重ねていきたい」と紡ぐ言葉には、高校生の時から変わらない謙虚さとまっすぐな思いが滲み出ていた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter