安全の鍵は「三位一体の連携」 寺澤陽公署長インタビュー

社会

掲載号:2020年10月3日号

  • LINE
  • hatena
防犯対策などを語る寺澤署長
防犯対策などを語る寺澤署長

 8月末現在、小田原警察署管内での特殊詐欺の認知件数は26件。前年同期比で29件減少しているものの、被害総額は約5300万円に上っている。また、管内では今年に入り、交通死亡事故が急増。生活を脅かす犯罪や事故を防ぐための有効な対策とは何か。同署の寺澤陽公署長に聞いた。

―特殊詐欺の認知件数は近年、全国的に減少に転じているそうですが、管内の状況は?

 小田原警察署管内での件数は、昨年比で減少しています。ただ、喜んでもしょうがない。被害をゼロにしなければなりませんから。

―どのような手口が多いのでしょうか?

 最も多いのは預貯金詐欺、次いでオレオレ詐欺、架空料金請求と続きます。警察や市町の職員、金融庁の担当者などを騙ってキャッシュカードを騙し取る手口や、オレオレ詐欺では主に高齢者が狙われています。架空料金請求では、年齢に関係なく「利用料金が未納です。すぐ振り込んで」と迫って信じ込ませ、支払い義務のない請求を突きつけてきます。

―有効な対策は?

 一番の対策は「無視すること」。慌てると適切な判断ができなくなるので、すぐに振り込みに行ったりせず、ひと呼吸おいて、警察署に相談してください。

―管内での交通事故の発生状況についても教えてください。

 小田原署管内では8月末現在、事故は411件発生しており、昨年同時期(513件)と比べると減少しています。ただ事故での死者数を見ると、昨年は年間を通じてゼロだったのが、今年は8月末までに、すでに9人が亡くなられています。

―要因と対策は?

 運転操作を誤った単独事故や、速度の出し過ぎが目立ちます。ツーリングで多くの人が利用する箱根ターンパイクなど、事故が多発する場所では特に取り締まりを強化しています。

―管内に暮らす皆さまにメッセージを。

 地域の安全は、警察、行政、地域の皆さまが相互に連携し協働した、三位一体となった活動を推進することにより、成し遂げることができるものです。

 地域の皆さまには、自分たちの街は自分たちで守るとの気概を持って、警察署を活用していただければと思います。小田原警察署も、地域の治安責任は我々にあるといった責任感を強く持って、安全で安心して暮らせる地域社会実現のために、署員が一丸となって取り組んでまいります。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

葉祥明の世界を知る

葉祥明の世界を知る 文化

小田原短期大学図書館で展示

6月25日号

夜のアジサイ幻想的に

箱根登山鉄道

夜のアジサイ幻想的に 経済

7月3日までライトアップ

6月25日号

曽我の梅とコラボ

箱根小涌園

曽我の梅とコラボ 社会

ジェラートや温泉で

6月25日号

初戦快勝でシーズン開幕

初戦快勝でシーズン開幕 スポーツ

ベルマーレフットサル

6月25日号

パレード参加団体募集

湯河原やっさまつり

パレード参加団体募集 文化

6月25日号

自己最高収穫の5位

自己最高収穫の5位 スポーツ

JLPGA 佐藤心結さん

6月25日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook