小田原市 富士フイルムと包括連携 医療・福祉分野で期待

社会

掲載号:2021年5月8日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする後藤取締役(中央左)と守屋市長(同右)
協定書を手にする後藤取締役(中央左)と守屋市長(同右)

 小田原市は4月27日、富士フイルム株式会社と包括連携協定を締結した。今後、互いの資産を有効活用し、健康・福祉の増進や医療環境の充実をはじめ、市民生活の質の向上を目指す。

 同社は1934年に南足柄市に、38年に小田原市に工場を設立。現在は内視鏡や血液検査システムなど医療IT分野で世界シェアを誇るなど、ヘルスケア事業に主軸を置いている。後藤禎一取締役専務執行役員は「最先端の医療ソリューションで、小田原市民の健康維持に役立てたら」とあいさつした。

 また、同社ではフイルムに使っていた独自の抗菌技術「ハイドロエージープラス」を活用し、アルコールクロスとスプレーを開発。インフルエンザ対策として2016年度に松田町の松田中学校で使用を開始したことをきっかけに、17年度に酒匂中学校で、18年度からは市内のすべての中学校で使用されている。昨年、新型コロナウイルスの不活化による感染抑制効果が確認されたことで、今年度は市内の小学校、高校でも広く使われることとなった。

 守屋輝彦小田原市長は「医療・福祉は市民にとって関心が高く、成長が期待できる分野。これまで以上に固い絆で結ばれ、前に進んでいきたい」と期待を寄せた。

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

初戦制しシーズンに弾み

ベルマーレフットサル

初戦制しシーズンに弾み スポーツ

12日はホーム開幕マッチ

6月12日号

医療機関が市民に連絡

ワクチンキャンセル分

医療機関が市民に連絡 社会

6月12日号

小田原市に100万円を寄付

ソロプチミスト小田原

小田原市に100万円を寄付 社会

奉仕の精神50年

6月12日号

小田原を知る まち歩き

6月27日 SDGs体感事業

小田原を知る まち歩き 社会

アプリ「まちのコイン」利用

6月12日号

小田原城アートナウ開催中

城下町の芸術展

小田原城アートナウ開催中 文化

6月12日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter