報徳の森プロジェクト 地元産材トンボ 球児に スポーツ広場で使用

スポーツ

掲載号:2021年5月15日号

  • LINE
  • hatena
小田原市スポーツ課の職員にトンボを手渡す高木大輔会長(右)=報徳の森プロジェクト提供
小田原市スポーツ課の職員にトンボを手渡す高木大輔会長(右)=報徳の森プロジェクト提供

 小田原産木材の普及・活用促進などに取り組む「報徳の森プロジェクト」(高木大輔会長)が酒匂川スポーツ広場で4月30日、小田原産ヒノキで作ったトンボ(グラウンド整備用の道具)を小田原市スポーツ課に寄贈した。

 市が管理する同広場を利用している少年野球チームのメンバーの保護者が、野球グラウンドにあるトンボが老朽化していることを知り同プロジェクトに相談したことがきっかけ。

 新しく20本製作されたトンボには、同プロジェクトと、同じく小田原産木材に関わる「小田原林青会」、「おだわら工匠会」の3団体の焼印が入れられた。

 同課では、「トンボの柄の部分が面取り(角を削る加工)が施されて持ちやすくなっている」と出来栄えに感心し、「軽くて子どもたちにも扱いやすい。大事に使わせていただきたい」と感謝を述べた。

 高木会長は「こういう地元産木材の使い方があるのかと発見があった。トンボを持ちながら子どもたちが地元の森や木を身近に感じてもらえればうれしい」と話した。寄贈されたトンボは、少年野球場2面とソフトボール場2面に5本ずつ分けて使われるという。

トンボに入れられた焼印
トンボに入れられた焼印

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook