報徳の森プロジェクト 地元産材トンボ 球児に スポーツ広場で使用

スポーツ

掲載号:2021年5月15日号

  • LINE
  • hatena
小田原市スポーツ課の職員にトンボを手渡す高木大輔会長(右)=報徳の森プロジェクト提供
小田原市スポーツ課の職員にトンボを手渡す高木大輔会長(右)=報徳の森プロジェクト提供

 小田原産木材の普及・活用促進などに取り組む「報徳の森プロジェクト」(高木大輔会長)が酒匂川スポーツ広場で4月30日、小田原産ヒノキで作ったトンボ(グラウンド整備用の道具)を小田原市スポーツ課に寄贈した。

 市が管理する同広場を利用している少年野球チームのメンバーの保護者が、野球グラウンドにあるトンボが老朽化していることを知り同プロジェクトに相談したことがきっかけ。

 新しく20本製作されたトンボには、同プロジェクトと、同じく小田原産木材に関わる「小田原林青会」、「おだわら工匠会」の3団体の焼印が入れられた。

 同課では、「トンボの柄の部分が面取り(角を削る加工)が施されて持ちやすくなっている」と出来栄えに感心し、「軽くて子どもたちにも扱いやすい。大事に使わせていただきたい」と感謝を述べた。

 高木会長は「こういう地元産木材の使い方があるのかと発見があった。トンボを持ちながら子どもたちが地元の森や木を身近に感じてもらえればうれしい」と話した。寄贈されたトンボは、少年野球場2面とソフトボール場2面に5本ずつ分けて使われるという。

トンボに入れられた焼印
トンボに入れられた焼印

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

初戦制しシーズンに弾み

ベルマーレフットサル

初戦制しシーズンに弾み スポーツ

12日はホーム開幕マッチ

6月12日号

医療機関が市民に連絡

ワクチンキャンセル分

医療機関が市民に連絡 社会

6月12日号

小田原市に100万円を寄付

ソロプチミスト小田原

小田原市に100万円を寄付 社会

奉仕の精神50年

6月12日号

小田原を知る まち歩き

6月27日 SDGs体感事業

小田原を知る まち歩き 社会

アプリ「まちのコイン」利用

6月12日号

小田原城アートナウ開催中

城下町の芸術展

小田原城アートナウ開催中 文化

6月12日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter