立花学園高永島田選手 千葉ロッテから育成指名 最速150キロ本格派右腕

スポーツ

掲載号:2021年10月30日号

  • LINE
  • hatena
プロの世界に挑戦する永島田投手
プロの世界に挑戦する永島田投手

 プロ野球ドラフト会議が10月11日に東京都内で行われ、松田町の立花学園高校3年、永島田輝斗(きらと)さんが千葉ロッテマリーンズから育成3巡目の指名を受けた。永島田さんは「若手選手の競争は激しい。1日でも早く上にあがり活躍できる選手になりたい」と闘志を燃やしている。

 永島田さんは相模原市出身。2歳上の兄の影響で野球を始め、中学時は捕手だった。同校1年の秋、志賀正啓監督から肩の強さと投球フォームの良さを買われ、投手に転向。「チームに貢献できるのであれば、ポジションは問いませんでした」と振り返る。

 身長180cm体重85kgの恵まれた体格に加え、研究熱心な性格も相まって転向直後に135キロ前後だった球速は、半年後には143キロまでアップ。3年生になると最速150キロをマークする速球投手へと成長を遂げた。

夢へ一歩前進

 立花学園グラウンド敷地内の寮で生活をする永島田さん。ドラフト会議の様子は寮の食堂にあるテレビで見守っていた。子どものころから夢見てきたというプロの世界。「プロ志望届けを出し、(夢が)実現することを信じていた」と話す。午後7時30分ごろ、自分の名前が呼ばれると、同級生から祝福の嵐に。

 ドラフトから時間が経ち、今は新たな舞台への挑戦に胸を膨らませている。練習にも熱が入り「1日も無駄にせず鍛錬あるのみ」と前を向く。

 志賀監督は「大きな可能性を秘めている。プロの世界は競争が激しく、今までの環境とは変わる。自分を見失わずに努力を重ねていけば必ず結果はついてくる」とエールを送った。今年は支配下ドラフトに77人、育成ドラフトには51人がそれぞれ指名されている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook