金沢区・磯子区版 掲載号:2017年1月12日号

金沢区民栄誉賞

5人に牡丹賞を授与 文化

スポーツなどで顕著な功績

右から桐生さん、梅澤さん、國原区長、神田さん
右から桐生さん、梅澤さん、國原区長、神田さん
 「平成29年金沢区賀詞交歓会」が1月5日、金沢地区センターで行われ自治会や団体、行政、企業などの関係者が新年の挨拶を交わした。席上では平成28年度金沢区民栄誉賞の授与式も実施。今年は小学生から大学生までの”若人”5人が、國原章弘区長から表彰を受けた。

 区民栄誉賞は文化やスポーツの分野で顕著な成績を残した人に「牡丹賞」、団体に「山桜賞」が贈られる。今年は牡丹賞に、神田萌花さん、梅澤彩音さん、桐生泰征さん、小出深冬さん、高田柊さんを選出。この日駆け付けた神田さん、梅澤さん、桐生さんの3人が壇上にあがると会場からは惜しみない拍手が贈られた。

”若い力”が受賞

 女子ラグビーの神田さん(小田中3年)は「太陽生命カップ2016 第7回全国中学生ラグビーフットボール大会」に選抜チーム主将として出場し、優勝した。小5の時、女子ラグビー選手がタックルをかわし疾走する姿をテレビで見て、始めた競技。「チームメイトに恵まれた。皆で勝って喜ぶことができ、キャプテンのやりがいを感じた」と振り返る。

 昨年8月に開催された「カラテドリームフェスティバル2016 国際大会」の組手部門で中学1年女子の重量級を制した梅澤さん(釜利谷中)。二連覇がかかったプレッシャーの中で挑んだという。「心技体全てで強くなれるところが魅力。大好きな空手で区民栄誉賞をもらえて嬉しい」と笑顔を見せる。

 同じ大会の新人戦、小学6年男子の白・橙帯で初優勝に輝いたのは桐生さん(六浦小)。わずか1年で頭角を現すほどになった。「友達と競い合ううちに強くなれた。勝つことを意識して楽しめたので緊張しなかった」と大物の気配を漂わせる。「はやく黒帯になってオリンピックに出たい」と意気込んだ。

 リオデジャネイロ五輪に女子7人制ラグビー日本代表チーム「サクラセブンズ」のメンバーとして出場した小出さん(21)。「今年は再出発の年。超えるべき壁はまだ多くありますが、一歩ずつクリアして、もう一度世界と戦う準備をしていきたい」と抱負を語った。

 高田さん(横浜市立大3年)は、8月にアメリカで行われた競技ヨーヨーの世界大会「WYYC2016」と、10月に日本で初開催された国際大会「THROWDOWN!」で、世界2つの頂点に立った。音楽に合わせて2つのヨーヨーを操り、アクロバット技を繰り出すのが最大の武器。「2年連続で選んでもらって光栄。今年も世界で2連覇したい。ヨーヨーの普及に努められれば」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

空き家がシェアハウスに

京急・金沢区・横浜市大

空き家がシェアハウスに

3月16日号

口腔ケア推進で連携

横浜市立大と歯科医師会・市

口腔ケア推進で連携

3月9日号

オール滝頭が初優勝

少年野球クリーンカップ

オール滝頭が初優勝

3月9日号

「テレワーク」普及に本腰

横浜市

「テレワーク」普及に本腰

3月2日号

「お米」応援ソングを作曲

金沢区在住小竹さん

「お米」応援ソングを作曲

3月2日号

16号横断の橋桁を架設

シーサイドライン延伸事業

16号横断の橋桁を架設

2月23日号

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動物検疫所で花見会

堀割川

動物検疫所で花見会

3月26日 一日開放

3月26日~3月26日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/