海老名版 掲載号:2017年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

工務店の「おがくず」再利用 社会

ポニーたちの敷材として

ポニーの小屋に敷き詰められた「おがくず」
ポニーの小屋に敷き詰められた「おがくず」
 市内社家の海老名運動公園に暮らす、2頭のポニー「チョコ・エビー」「ミルク・ビーナ」とモルモットなどの小動物たち。愛らしい姿で子どもから大人まで幅広い世代に親しまれている。そんな彼らの寝床に敷き詰められている「おがくず」の一部が、実は市内工務店から寄贈されたものであることをご存じだろうか。今回寄贈している工務店のひとつ「もりたしろう工務店」(森田聡代表/市内国分北)から話を聞いた。

有料ゴミを有効活用

 もりたしろう工務店が「おがくず」の寄贈を始めたのは3年前。それ以前は作業場で木材を加工する際に出るおがくず・かんなくずを、一般ごみでは廃棄できないため産廃業者に依頼し有料で処分していたが、ポニーやモルモットたちがおがくずを必要としていると聞き「ポニーたちの役に立つなら」と提供を決めた。

 同社ではおがくずが袋いっぱいになると、ポニーたちの世話をしている海老名運動公園ポニー事務所に連絡し引き取りに来てもらっている。ペースは月2回ほどで、1回あたりの量はポニーの場合1回の使用分、モルモットでは4〜5回の使用分になるという。

 同社は「有料ゴミを再利用してもらえるのはありがたいし、何より動物たちに役立っているのが嬉しい。地域貢献にもつながっているのでは」と話す。一方、ポニー事務所は「おがくずを寄贈してもらえるのはありがたい。これからも続けてもらえたら」と話している。

「おがくずの提供を」

 ポニー事務所では工務店に対し、捨ててしまうおがくずの提供を呼び掛けている。「有料ゴミを有効に活用できるだけでなく、ポニーたちにも役立ちます」とスタッフ。

 依頼・問合せは同事務所【電話】046・235・7321へ。

おがくずを引き取るスタッフたち
おがくずを引き取るスタッフたち

関連記事powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク