海老名版 エリアトップへ

海老名むかしばなしの記事一覧

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第34話 法塔様【2】

     それから後手に犯人をしばったまま大山街道を上郷と河原口の境の「おんぞう川」(耕地整理のため消失)のあたりまで送って行った。...(続きを読む)

    11月8日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第33話 法塔様【1】

     慶応二年(一八六六)十二月十九日の夜のことであった。国分の龍峰寺に一人の盗賊がこっそり忍び込んだ。同寺が現在の清水寺公園に移転する前、今の海老名中学...(続きを読む)

    11月1日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第32話 焼坊主【2】(最終話)

     協議はいろいろの意見が出て長びいた。僧は心の緊張をほぐそうと、やおらふところからタバコを取り出し、火打ち石を使って火をつけた。...(続きを読む)

    10月18日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第31話 焼坊主【1】

     本郷地区内に「焼坊主」という地名の場所がある。「焼坊さん」「処刑場」ともいわれ、区画整理の結果、現在は本郷に編入されたが、元は杉久保地区内であった。...(続きを読む)

    8月23日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第30話 あの世への竹づえ【2】(最終話)

     関係者の心配はたいへんなものだった。村人たち総出で探しまわったが、行方がわからなかった。ポストがある家を順次尋ねもしたが依然不明。その日はとうとう探...(続きを読む)

    8月16日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第29話 あの世への竹づえ【1】

     明治もまさに終ろうとする前年(明治四十四年、一九一一)の七月二十六日、連日の豪雨続きのため村内の各道路は水浸しの状態で、中には濁水がごうごうと押し流...(続きを読む)

    7月12日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第28話 まぼろしの梵鐘【2】(最終話)

     さて、この梵鐘について、同寺の大久保是彰住職は子供のころから寿閑寺に「名鐘」があると聞いていたが、百年ほど前に行方不明になったと聞かされたという。地...(続きを読む)

    7月5日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第27話 まぼろしの梵鐘【1】

     戸塚伊勢原線沿いの用田橋バス停から歩いて一分のところに寿閑寺がある。  近くを新幹線が走り、田畑が広がるのどかなところ...(続きを読む)

    6月14日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第26話「ずいずいずっころばし」

     年配の方は、この歌を歌って指遊びをした経験をお持ちと思う。  この歌の解釈は、 「お茶つぼ様の...(続きを読む)

    5月17日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第25話 「<実話>「忠魂碑」建立記(二)」

     (前回の続き) 「これをあの丘の上まで運ぶのが大仕事でした。隣りの、当時の座間村からトビ職の高橋広吉さんという棟梁を呼...(続きを読む)

    4月26日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第24話「〈実話〉「忠魂碑」建立記」

     国分清水寺公園の北側の片すみに何やら古めかしい書体で「忠魂碑」と書かれた大きな石碑が立っている。端に「希典書」とありこれは日露戦争の英雄、時の陸軍大...(続きを読む)

    4月19日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第23話「摩尼山(まにさん)の七不思議(七)疣(いぼ)とりの地蔵様」 

     今まで六話にわたって大谷の如意輪観音にまつわる「摩尼山の七不思議」について述べたが、その中で公孫樹(いちょう)が、「くっつきギンナン」「乳房公孫樹」...(続きを読む)

    3月8日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第22話「摩尼山(まにさん)の七不思議(六)乳房の公孫樹(いちょう)」 

     下大谷の観音様には、大きな公孫樹が街道ふちにあって、幹から瘤が二つ乳房のように垂れ下がり、その先から滴る雫を飲むと、母乳がよく出るようになるというの...(続きを読む)

    2月15日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第21話「摩尼山(まにさん)の七不思議(五)笑う閻魔様」 

     大谷の如意輪観世音のお堂のとなりに閻魔堂があるが、ここの閻魔様は、無実の罪を訴えてお願いすると、冤罪が晴れる場合は笑い顔をされるというので「笑うおえ...(続きを読む)

    1月18日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第20話「摩尼山(まにさん)の七不思議㈣ 相生(あいお)いの榧(かや)」 

     時代は不明だが、植えた榧の木に、わき芽が出て二本になってしまったので、その小さい方を伐り取ったら、そこからまた新しい芽が出ていつの間にか二本同じ大き...(続きを読む)

    1月4日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第19話 摩尼山の七不思議(三) のぞき小僧【2】

    《前回の続き》  やがて明治になり、二人の子分はそのまま巡邏(じゅんら)(巡査の前身)となって引き続き村内の見まわりなど...(続きを読む)

    11月30日号

  • 1

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

海老名演劇鑑賞会海老名演劇鑑賞会 11月20日に最終回11月20日に最終回

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

11月20日~11月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク