海老名・座間・綾瀬版 エリアトップへ

海老名むかしばなしの記事一覧

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第35話 法塔様【3】

     最も残念だったのは、国分寺の法燈を継いでいた薬師院が焼けたことである。幸いご本尊様や日光、月光両菩薩、十二神将様は助かったが、聖武天皇のご宸筆(天皇...(続きを読む)

    11月29日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第34話 法塔様【2】

     それから後手に犯人をしばったまま大山街道を上郷と河原口の境の「おんぞう川」(耕地整理のため消失)のあたりまで送って行った。...(続きを読む)

    11月8日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第33話 法塔様【1】

     慶応二年(一八六六)十二月十九日の夜のことであった。国分の龍峰寺に一人の盗賊がこっそり忍び込んだ。同寺が現在の清水寺公園に移転する前、今の海老名中学...(続きを読む)

    11月1日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第32話 焼坊主【2】(最終話)

     協議はいろいろの意見が出て長びいた。僧は心の緊張をほぐそうと、やおらふところからタバコを取り出し、火打ち石を使って火をつけた。...(続きを読む)

    10月18日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第31話 焼坊主【1】

     本郷地区内に「焼坊主」という地名の場所がある。「焼坊さん」「処刑場」ともいわれ、区画整理の結果、現在は本郷に編入されたが、元は杉久保地区内であった。...(続きを読む)

    8月23日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第30話 あの世への竹づえ【2】(最終話)

     関係者の心配はたいへんなものだった。村人たち総出で探しまわったが、行方がわからなかった。ポストがある家を順次尋ねもしたが依然不明。その日はとうとう探...(続きを読む)

    8月16日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第29話 あの世への竹づえ【1】

     明治もまさに終ろうとする前年(明治四十四年、一九一一)の七月二十六日、連日の豪雨続きのため村内の各道路は水浸しの状態で、中には濁水がごうごうと押し流...(続きを読む)

    7月12日号

  • 海老名むかしばなし

    海老名むかしばなし

    第28話 まぼろしの梵鐘【2】(最終話)

     さて、この梵鐘について、同寺の大久保是彰住職は子供のころから寿閑寺に「名鐘」があると聞いていたが、百年ほど前に行方不明になったと聞かされたという。地...(続きを読む)

    7月5日号

  • 1

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク