海老名版

トップニュースの記事一覧

  • 大震災への備えを

    大震災への備えを 社会

    自助・共助・公助を活かす

     3月11日で「東日本大震災」から8年が経った。いつ起きるか分からない未曾有の災害に備えて、海老名市をはじめ地域団体らが中心となり、防災への活動が市内各地で行わ...(続きを読む)

  • 「JGAP 穀物(小麦)」の認証取得

    「JGAP 穀物(小麦)」の認証取得 社会

    中農が県内高校で初

     中央農業高校がこのほど、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる「JGAP 穀物(小麦)」を取得した。県内公立高校が認証されるのは初めて。同校は「農業高校...(続きを読む)

  • 介護用具をタイへ

    海老名RCの有志

    介護用具をタイへ 社会

    「福祉先進国としての役割を」

     奉仕団体「海老名ロータリークラブ(RC)」の有志がこのほど、タイの田舎地域に暮らす高齢者や障害者のQOL(生活の質)の向上を目的に、市内企業や市民らから募った...(続きを読む)

  • 舘氏が出馬表明

    県議選

    舘氏が出馬表明 政治

    3者での争い、予想

     3月29日告示、4月7日に投開票が行われる神奈川県議会議員選挙・海老名市選挙区(定数1)に、市内国分南在住の舘登志子氏(立憲民主党所属)が出馬を表明した。舘氏...(続きを読む)

  • 総額は過去最大を更新

    2019年度当初予算案

    総額は過去最大を更新 政治

    プレミアム付商品券の発行等、重点事業に

     海老名市は2月22日、2019年度の当初予算案を発表した。予算総額は710億8600万円(前年比17億4300万円増)となり過去最大を更新。厚木駅南地区の再開...(続きを読む)

  • 開幕200日前イベント

    ラグビーW杯2019

    開幕200日前イベント スポーツ

    トップリーガーがトークショー

     日本でアジア初開催となることから注目を集めている「ラグビーワールドカップ(W杯)2019」。ロシアの公認チームキャンプ地である海老名市は、W杯を盛り上げようと...(続きを読む)

  • 新ごみ処理施設、内部公開

    新ごみ処理施設、内部公開 社会

    4月本格稼働に向け、記者発表

     海老名・綾瀬・座間の3市で構成されている高座清掃施設組合(内野優組合長)が2月19日、既設の焼却炉等の老朽化に伴い建設された新ごみ処理施設に関する記者会見と、...(続きを読む)

  • 「さがみ野駅前交番」開所

    「さがみ野駅前交番」開所 社会

    地域の念願かなう

     相鉄線さがみ野駅南口に2月15日、「さがみ野駅前交番」(東柏ケ谷2の30の33/管轄区域・東柏ケ谷1丁目〜6丁目)が開所した。この地域では防犯の観点から長年に...(続きを読む)

  • 家族愛に溢れる絵本制作

    家族愛に溢れる絵本制作 社会

    3月1日から出版

     市内門沢橋在住の戸田真樹子さんと、さつき町在住の齋藤綾佳さんが手掛けた絵本「おばあちゃんの金魚」が(株)文芸社から出版される。3月1日から有隣堂厚木...(続きを読む)

  • フードプレゼン開催

    市内初

    フードプレゼン開催 社会

    障害者福祉の周知を

     障害福祉事業所の手作り商品を消費者がその場で評価する「フードプレゼン」が、2月22日(金)に市内で初開催される。障害者らが手掛ける商品に触れ合うことから、福祉...(続きを読む)

  • 「かながわブランド」に登録

    海老名いちご

    「かながわブランド」に登録 経済

    「海老名の名を他エリアへ」

     市園芸協会苺部会(宮嵜隆雄会長)が生産・共同販売している「海老名いちご」が1月24日、64品目105登録品目となる「かながわブランド」に新規登録された。宮嵜会...(続きを読む)

  • インフル猛威ふるう

    インフル猛威ふるう 社会

    県内最多の患者報告数

     今年に入り、インフルエンザの定点当たりの患者報告数が警報の基準値である「30」を上回ったことを受け、県が警報を発令した。中でも海老名市を含む地域を管轄する厚木...(続きを読む)

  • ごみ減量化の勉強会開催

    最大会派「創志会」

    ごみ減量化の勉強会開催 政治

    会派主導の企画実施は2度目

     海老名市議会の最大会派「創志会」が、昨年12月議会で可決した「家庭系ごみの有料化」等についての勉強会を2月19日(火)にえびな市民活動センター ビナ...(続きを読む)

  • 魅力発信する「ダンスPV(プロモーションビデオ)」制作

    魅力発信する「ダンスPV(プロモーションビデオ)」制作 社会

    「海老名をダンスで盛り上げる」

     まちの魅力を発信するシティプロモーション事業の一環として、市は「EBINAダンス」のプロモーション動画を作成した。再来年の市制50周年に行われるダン...(続きを読む)

  • 海老名署に新キャラ誕生

    海老名署に新キャラ誕生 社会

    広報力アップをねらう

     海老名警察署(土屋重雄署長)のイメージキャラクター「エベリーくん」と「エビポリ戦隊エビレンジャー」が、このほど新たに誕生した。今後これらは同署の広報活動などで...(続きを読む)

  • 「救急出動」過去最多に

    市消防本部

    「救急出動」過去最多に 社会

    前年大幅増の7千件超え

     2018年中の火災・救急・救助の災害概要(速報値)を、市消防本部が1月11日に発表した。救急出動件数は7000件を超え、搬送人員とともに過去最多となった。まち...(続きを読む)

  • 海老名産イチゴが最高位

    県いちご品評会

    海老名産イチゴが最高位 経済

    市内農家の澤地さんと武井さん

     「かながわの名産100選」に認定され、共販出荷量県下一を誇る”海老名産イチゴ”。先日開催された「平成30年度神奈川県いちご品評会」では、澤地正典さんが「立毛の...(続きを読む)

  • 「自然保護功労者表彰」を受賞

    今里在住坂本堅五さん

    「自然保護功労者表彰」を受賞 社会

    長年の観察会活動等が評価

     市内今里在住の坂本堅五さん(75)がこのほど、自然環境の保全に貢献した人に贈られる「平成30年度県自然保護功労者表彰」を受賞した。坂本さんは「好きで長年やって...(続きを読む)

  • 今春のスギ花粉「やや多い」

    今春のスギ花粉「やや多い」 社会

    県自然環境保全センターが発表

     今春のスギ花粉飛散量を予測するためのデータが、県自然環境保全センターによりこのほどまとめられた。花粉量は過去5年間の調査で最高値を記録した昨年に次ぎ、例年より...(続きを読む)

  • 永井氏が立候補の意向

    県議選

    永井氏が立候補の意向 政治

    現職・長田氏と一騎打ちか

     現海老名市議会議員の永井浩介氏(39)が、今春実施される神奈川県議会議員選挙・海老名市選挙区(定数1)に立候補する意向を明らかにした。永井氏は「海老...(続きを読む)

  • 経済活性でより豊かに

    商工会議所

    経済活性でより豊かに 経済

    寄り添った支援で、会員や市民にPR

     2019年が明け、本紙では元旦号での内野優市長へのインタビューに続き、市内商工業をまとめる経済団体「海老名商工会議所」の三田佳美会頭にも話を聞いた。三田会頭は...(続きを読む)

  • 中農生栽培の米、日本一に

    中農生栽培の米、日本一に 教育

    無農薬と食味にこだわり

     中央農業高校養鶏部の栽培する米が、12月に山形県内で行われた「第12回あなたが選ぶ日本一おいしいお米コンテスト」(高校生部門)で最優秀賞に輝いた。関東地区の農...(続きを読む)

  • 1285人が大人への第一歩

    成人式

    1285人が大人への第一歩 社会

    新成人らが企画運営

     成人の日の1月14日(月・祝)に、「成人式」が海老名市文化会館で開催される。今年の新成人は、1998(平成10)年4月2日から1999(同11)年4月1日に生...(続きを読む)

  • 4期目の集大成となる年

    4期目の集大成となる年 政治

    内野市長、新春特別インタビュー

     2019年の幕開けに際し、本紙では内野優市長にインタビューした。内野市長は昨年を振り返るとともに、重点事業など今年の抱負を語った。―2...(続きを読む)

  • 地元記者が厳選「あったね!こんな出来事」

    地元記者が厳選「あったね!こんな出来事」 社会

    2018年の海老名ニュースを振り返る

    【1月】市内・遊作農園のイチゴが県最高位に  県内一の出荷量を誇る、海老名産のイチゴ。11日に開催された神奈川県いちご品...(続きを読む)

  • 市と行政書士会が連携

    空き家対策

    市と行政書士会が連携 社会

    所有者らの相談体制を整備

     海老名市と神奈川県行政書士会 海老名・座間支部が12月13日、空き家対策における協定を締結した。空き家所有者らを対象とした相談体制を整える狙いで、県内市町村と...(続きを読む)

  • 中心会の2施設が受賞

    かながわベスト介護セレクト20

    中心会の2施設が受賞 社会

    独自の取り組みが高評価

     「(社福)中心会」が運営する2つの介護老人福祉施設(中心荘第一老人ホーム・えびな北高齢者施設)がこのほど、介護事業所を応援する神奈川県の取り組み「かながわベス...(続きを読む)

  • 神奈川地域社会事業賞を受賞

    海老名里山づくり 山仕事の会

    神奈川地域社会事業賞を受賞 社会

     海老名市内の緑を残そうと活動するNPO法人「海老名里山づくり 山仕事の会」(伊藤健三代表)がこのほど、「第31回神奈川地域社会事業賞」を受賞した。...(続きを読む)

  • ごみ袋の有料化、決定

    ごみ袋の有料化、決定 社会

    来年9月30日に導入予定

     燃やせるごみと燃やせないごみの有料化や戸別収集等に関する条例の一部改正について審議された海老名市議会本会議が11月29日に行われ、賛成多数で原案通り可決した。...(続きを読む)

  • ミュールハイムが受賞

    県優良小売店舗表彰

    ミュールハイムが受賞 社会

    顧客の求めるパン作り続け

     パン製造・小売業を営む「ベッカライ・コンディトライ ミュールハイム」(小谷辰也代表/国分寺台2の4の9・【電話】046・233・0099)が、「平成30年度県...(続きを読む)

意見広告「永井浩介」

人生100年時代に対応した福祉・医療対策を!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク