足柄版 掲載号:2017年2月25日号

山北町

鉄道遺産が表舞台へ 文化

ツアーや記念切手が好評

山北町に残る鉄道遺産を解説つきで見学できる
山北町に残る鉄道遺産を解説つきで見学できる
 明治の鉄道遺産が点在する山北町で3月5日(日)と31日(金)に「鉄道遺産巡りツアー」がある。元国鉄職員や鉄道歴史研究会のメンバーを講師に迎え、旧東海道本線(御殿場線)の面影を残す町内各所をバスで巡る。

 御殿場線は1889(明治22)年に東海道本線として開業した歴史ある路線。その様子は明治時代に作られた『鉄道唱歌』にも歌われ、13番の歌詞には「出でては潜(くぐ)るトンネルの 前後は山北小山駅 今も忘れぬ鉄橋の 下ゆく水の面白さ」と「山北」の一節もある。

 山北町には戦時中の金属供出で1944(昭和19)年に単線化されたまま残るレンガ造りの橋梁やトンネルなどがある。ツアーでは第2酒匂川橋梁や箱根第2号トンネルなど往年の跡地をまわるほか、山北鉄道公園のD52の整備運行も見学する。ツアーを企画した町生涯学習課は「1週間で定員の4分の3近い応募があった」と話す。

 問い合わせは生涯学習課【電話】75・3649へ。

記念切手も

 2月3日には日本郵便(株)がフレーム切手「鉄道のまち山北」を発売した。

 歴代の御殿場線と山北の風景が切手になった。インターネット販売分の100シートは即日完売で、なかには130シート売れた特定局もあった。山北町岸郵便局の尾崎剛局長は「さくらまつりに向けて増刷も検討したい」と話している。 問い合わせは岸郵便局【電話】75・0932。

関連記事powered by weblio


足柄版のローカルニュース最新6件

合併めぐり論戦

南足柄市議会一般質問

合併めぐり論戦

6月17日号

飲料消費と郷土愛醸す

「松田産の飲み物で乾杯」

飲料消費と郷土愛醸す

6月17日号

古民家に涼を呼ぶ音

「どれだけ響くか」

若手公務員

「どれだけ響くか」

6月17日号

しあわせの花咲く

福祉の現場を知る

関連記事(ベータ版)

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/