港北区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

〈新連載〉さすらいヨコハマ【1】 篠田正浩の『乾いた花』 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 このコラムでは、横浜にまつわる映画や音楽、大衆文化に関係する歴史などを紹介していきたい。



 横浜が舞台の映画で有名なのは、黒澤明の『天国と地獄』だが、篠田正浩の『乾いた花』(1964年)も横浜が出てくる傑作だ。

 「さきこま、さきこま、あとこま、あとこま」の台詞が流れる本物の博打場シーン、その後、東映、大映などのヤクザ映画で無数にあった「バッタ」から「手本引(てほんびき)き」を最初に見た瞬間だった。

 横浜橋通商店街を霊柩車が行き、死の匂いを予感させる。主人公の池部良は、刑務所から戻り、黄金町辺りの花札賭博で、美少女・加賀まり子に会う。海岸教会での逢瀬、深夜の首都高での外国人とのスポーツ・カー競争、加賀の見合いを目撃するシルク・ホテルのロビー、らせん階段を昇った池部に、最上階の同伴席で刺殺される山茶花究の投げやりな表情。すべてがニヒルで倦怠感に満ちている。冷たく抒情的な武満徹の音楽、戸田重昌のリアルな美術、端正な小杉正雄の撮影。

 しかし、「反社会的」とのことで未公開になる。怒った篠田は、原作者の石原慎太郎と試写会を開く。上映の途中、記者が一人、二人と出てゆく。その日、小津安二郎が亡くなったのだった。1963年12月12日のことである。

(文中敬称略)
 

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版のコラム最新6

「安心安全」な保育環境を

「安心安全」な保育環境を 社会

(一社)横浜市私立保育園園長会

11月5日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める

11月5日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月10日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始 政治

8月20日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月26日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク