港北区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

〈新連載〉さすらいヨコハマ【1】 篠田正浩の『乾いた花』 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 このコラムでは、横浜にまつわる映画や音楽、大衆文化に関係する歴史などを紹介していきたい。



 横浜が舞台の映画で有名なのは、黒澤明の『天国と地獄』だが、篠田正浩の『乾いた花』(1964年)も横浜が出てくる傑作だ。

 「さきこま、さきこま、あとこま、あとこま」の台詞が流れる本物の博打場シーン、その後、東映、大映などのヤクザ映画で無数にあった「バッタ」から「手本引(てほんびき)き」を最初に見た瞬間だった。

 横浜橋通商店街を霊柩車が行き、死の匂いを予感させる。主人公の池部良は、刑務所から戻り、黄金町辺りの花札賭博で、美少女・加賀まり子に会う。海岸教会での逢瀬、深夜の首都高での外国人とのスポーツ・カー競争、加賀の見合いを目撃するシルク・ホテルのロビー、らせん階段を昇った池部に、最上階の同伴席で刺殺される山茶花究の投げやりな表情。すべてがニヒルで倦怠感に満ちている。冷たく抒情的な武満徹の音楽、戸田重昌のリアルな美術、端正な小杉正雄の撮影。

 しかし、「反社会的」とのことで未公開になる。怒った篠田は、原作者の石原慎太郎と試写会を開く。上映の途中、記者が一人、二人と出てゆく。その日、小津安二郎が亡くなったのだった。1963年12月12日のことである。

(文中敬称略)
 

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版のコラム最新6

悲願Vへラストスパート

悲願Vへラストスパート

9日(土)、三ツ沢で札幌と激突

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

11月7日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く

都心臨海部の起爆剤に

IRと横浜

10月31日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月24日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月17日号

探求心が原動力

港北区企業レポート【2】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

探求心が原動力

株式会社 田島精研

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク