港北区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 緑化計画、4月に始動

    日吉地区の有志団体

    緑化計画、4月に始動 社会

    市民参加で魅力ある町へ

     日吉地区の有志でつくる「HIYOSHI Green Action」(大嶋将聖委員長)が2月、横浜市が募集する地域緑化計画の助成金対象団体に選出された。計画の始...(続きを読む)

    2月25日号

  • 市特定健診 受診率が低迷

    市特定健診 受診率が低迷 社会

    コロナによる控え顕著に

     新型コロナ感染への不安などからくる受診控えを背景に、横浜市の特定健診の受診率が、12月の速報値で10%と低迷していることがわかった。例年、年度末は増加傾向にあ...(続きを読む)

    2月25日号

  • 集団か個別 選択・予約へ

    【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

    集団か個別 選択・予約へ 社会

    各区の会場を発表

     横浜市は16日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、各区の接種会場やスケジュールを公表した。特設会場で受ける「集団接種」か、病院や診療所などの「個別接種...(続きを読む)

    2月18日号

  • 医療従事者を守る

    【Web限定記事】区内企業

    医療従事者を守る 社会

    コロナ対策でマスク開発

     新横浜に拠点を置く、医療機器専門商社のソルブ株式会社(井上恵代表取締役)はこのほど、現場の医師やものづくり企業と協力し、医療現場での新型コロナ感染リスクを抑え...(続きを読む)

    2月18日号

  • 区内2企業が新規認定

    3R優良事業所

    区内2企業が新規認定 社会

    環境教育等で評価

     横浜市は先月、「横浜市3R活動優良事業所」を発表し、区内に拠点を置く2社が新規認定された。ともに事業系廃棄物の分別排出の徹底や環境教育が評価された両...(続きを読む)

    2月11日号

  • コロナ禍で継続不安も

    無形民俗文化財保護団体

    コロナ禍で継続不安も 文化

    市、新たな支援模索

     横浜市が認定・奨励団体として選定する無形民俗文化財保護団体の中には、コロナ禍によって「練習ができない」「発表の場がない」といった現状から活動継続への不安を抱え...(続きを読む)

    2月11日号

  • 火災死者、1月に3人

    港北区

    火災死者、1月に3人 社会

    高齢者の犠牲相次ぐ

     港北区では、今年に入り、住宅火災で既に3人が死亡している。いずれも高齢者が犠牲となっており、港北消防署は「年配の方がいる家庭では特に火元に注意を」と...(続きを読む)

    2月4日号

  • 一般会計 初の2兆円台に

    横浜市21年度予算案

    一般会計 初の2兆円台に 経済

    コロナ対応で膨張

     横浜市はこのほど、2021年度の予算案を発表した。新型コロナの経済への影響で、歳入では市税収入が前年度から488億円減少し過去最大の減収を見込む。一方で、感染...(続きを読む)

    2月4日号

  • 新横浜に新たな窓口

    マイナンバーカード

    新横浜に新たな窓口 社会

    交付体制強化へ

     港北区役所は1月25日、「マイナンバーカード新横浜臨時窓口」を開設した。市内最多人口の同区では、申請に対し交付機能が追いつかず、受取りの予約が取りに...(続きを読む)

    1月28日号

  • 地域活性で3者協定

    区・区商連・プロチーム

    地域活性で3者協定 社会

    連携強化し「区を元気に」

     港北区は1月20日、プロアイスホッケーチーム横浜GRITS(グリッツ)、港北区商店街連合会と「ホームタウン活動の協力に関する基本協定」を締結したと発表した。こ...(続きを読む)

    1月28日号

  • 今年は現地とオンライン

    港北オープンガーデン

    今年は現地とオンライン 社会

    密集防止策講じ開催予定

     「第9回港北オープンガーデン」が、今年は現地公開に加え、動画配信も行われる。新型コロナウイルス感染拡大防止対応として昨年は中止となったが、今回は、来...(続きを読む)

    1月21日号

  • コロナ禍に区内で増加

    シェアオフィス

    コロナ禍に区内で増加 経済

    個室型が好評

     昨年からのコロナ禍で、港北区内でも増加傾向にあるのが「シェアオフィス(コワーキングスペース)」だ。もともと個人事業主などが利用するための新たなオフィ...(続きを読む)

    1月21日号

  • 市、15日に受付窓口開設

    障害者手帳カード化導入

    市、15日に受付窓口開設 社会

    選択制、耐久性など向上へ

     横浜市では今年上半期中に障害者手帳をカード化※するため、1月15日に専用のコールセンターや郵送での受付窓口を開設する。市ではカード化により現状の手帳と比べて耐...(続きを読む)

    1月14日号

  • グランプリ目指して

    ミス日本コンテスト

    グランプリ目指して 社会

    綱島在住 小林優希さん

     「第53回ミス日本コンテスト2021」のファイナリスト13人がこのほど発表され、綱島在住の小林優希さん(21)が選出された。3月22日の最終審査で、...(続きを読む)

    1月14日号

  • 「コロナに負けない港北へ」

    「コロナに負けない港北へ」 政治

    栗田区長 区政を語る

     本紙では令和3年の年頭企画として、栗田るみ港北区長に新春インタビューを行った。栗田区長は、新型コロナウイルス感染症の流行で様々な様式が変わった昨年を振り返ると...(続きを読む)

    1月7日号

  • 確定申告会場 3密課題に

    確定申告会場 3密課題に 社会

    税務署、オンラインを推奨

     今春の確定申告の相談会場における3密回避に、税務署は頭を悩ましている。国税庁の方針にあわせ市内7税務署では、オンライン申告の推奨や会場での入場整理券配布などで...(続きを読む)

    1月7日号

  • 区内3,224人が門出

    成人式

    区内3,224人が門出 社会

    密避け、2会場で分散開催

     横浜市の成人式「成人の日を祝うつどい」が1月11日(月)に開催される(主催=横浜市、横浜市教育委員会、横浜市選挙管理委員会、横浜市「成人の日」記念行...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「コロナ対策、最優先に」

    林市長インタビュー

    「コロナ対策、最優先に」 政治

    IR誘致は継続へ

     本紙では新年の幕開けにあたり、林文子市長に恒例のインタビューを行った。市長は新型コロナウイルス感染症対策に最優先に取り組む姿勢をみせつつ、横浜の成長を見据...(続きを読む)

    1月1日号

  • 糖尿病・歯周病で連携

    港北区三師会

    糖尿病・歯周病で連携 社会

    12月4日に覚書締結

     港北区三師会(港北区医師会・港北区歯科医師会・港北区薬剤師会)は、今月4日、「港北区糖尿病歯周病重症化予防医歯薬連携のための覚書」を締結した。これは...(続きを読む)

    12月24日号

  • ドクターカーの導入進む

    救急医療

    ドクターカーの導入進む 社会

    高齢化で需要増加

     119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療セン...(続きを読む)

    12月24日号

  • 和の職人、神奈川の名工に

    和の職人、神奈川の名工に 社会

    区内から榎本さん、鈴木さん

     優れた技を持った名工を県が表彰する「神奈川県卓越技能者」が発表され、港北区在勤の日本料理調理師、榎本義明さん(49)、港北区在住の和裁士・鈴木勲吾(いさご)さ...(続きを読む)

    12月17日号

  • 2車線で先行開通

    宮内新横浜線

    2車線で先行開通 文化

    12月22日午後2時

     かねてより整備が進められていた都市計画道路・宮内新横浜線(新吉田高田地区・新吉田地区)が12月22日午後2時、暫定2車線で先行開通する。これにより、...(続きを読む)

    12月17日号

  • 「心は密に」活動模索

    コロナ影響アンケート

    「心は密に」活動模索 社会

    区社協が福祉団体に調査

     港北区社会福祉協議会(加藤修会長)はこのほど、新型コロナウイルスによる地域活動への影響を把握するため福祉団体を対象に実施したアンケートの結果を公表した。活動が...(続きを読む)

    12月10日号

  • 校内で

    新田小

    校内で"修学旅行" コミュニティ社会

    地元企業も協力

     「コロナ禍でも児童らに特別な思い出を」。そんな思いから新田小学校(高橋実校長/新吉田町)では11月27日・28日、修学旅行の代替として「校内宿泊」を...(続きを読む)

    12月10日号

  • スポーツで地域貢献

    横浜F・マリノス

    スポーツで地域貢献 スポーツ

    一般社団法人を設立

     横浜マリノス株式会社(黒澤良二代表取締役社長)は11月2日、「一般社団法人F・マリノススポーツクラブ」(宮本功代表理事)を設立した。スポーツによる地域振興や地...(続きを読む)

    12月3日号

  • 保育士確保に紹介冊子

    港北・神奈川の14園

    保育士確保に紹介冊子 社会

    学生向けに1千部発行

     保育士不足に悩む、中・小規模私立保育園の人材確保の一助に―。港北区・神奈川区で私立保育園を運営する園長有志が先月、保育士を目指す学生向けに各園の紹介冊子を発行...(続きを読む)

    12月3日号

  • コロナ禍でも「つながり」を

    新横浜民児協

    コロナ禍でも「つながり」を 社会

    大きな輪求めラジオ体操

     新横浜地区民生委員児童委員協議会(新福まさ子会長)は、コロナ禍で従前の取組みが中止になる中、それでも地域のつながりをつくろうと活動を模索してきた。今月からは屋...(続きを読む)

    11月26日号

  • 県大会2連覇、関東へ

    県大会2連覇、関東へ スポーツ

    大綱中女子陸上部

     大綱中学校女子陸上部(林弘幸顧問)は11月7日、神奈川県中学校総合体育大会駅伝競走大会に出場し、2連覇を達成した。本来なら優勝チームが出場する全国大...(続きを読む)

    11月26日号

  • 港北の歴史、一冊に凝縮

    港北の歴史、一冊に凝縮 文化

    『わがまち港北3』刊行

     港北区内の歴史や文化を綴った書籍『わがまち港北3』が11月27日に刊行される。著者の一人で、大倉精神文化研究所所長も務める郷土史研究家の平井誠二さん...(続きを読む)

    11月19日号

  • 体育授業に新たな風

    簡易テニス”テニピン”

    体育授業に新たな風 教育

    小学校教諭が研究会

     港北区小学校体育研究会は11月11日、簡易テニス「テニピン」の研究授業を実施した。考案者の今井茂樹さんを講師に、区内小学校の体育教師らが競技を体験。新学習指導...(続きを読む)

    11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク