港北区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 非常用電源に蓄電池導入

    港北区役所

    非常用電源に蓄電池導入 社会

    最大降雨想定し、国内初

     港北区は浸水時の代替用電源として蓄電池を活用した、バーチャルパワープラント(VPP)構築事業を、区総合庁舎で展開する。同事業を行政機関の庁舎で本格運用するのは...(続きを読む)

    6月13日号

  • 「周年・ラグビー」機運つなぐ

    港北区

    「周年・ラグビー」機運つなぐ 政治

    2019年度 運営方針

     港北区が発表した2019年度運営方針――。今年度の区制80周年や9月に開幕するラグビーワールドカップなどによる機運の高まりを翌年度以降につなげるための指針など...(続きを読む)

    6月13日号

  • 「わが街」思い、71人が合唱

    「わが街」思い、71人が合唱 社会

    区制80周年式典で

     港北区制80周年記念式典が6月1日に開催された。同式典では、この日のために結成された区民による混声合唱団「Kohoku 80th Anniversary Si...(続きを読む)

    6月6日号

  • 外国人人口10万人超え

    横浜市

    外国人人口10万人超え 社会

    多言語相談など支援強化

     2019年4月末時点で、横浜市の住民基本台帳に記載された外国人人口が、初めて10万人を超えた。10万人超えの市区町村は、全国で大阪市に次いで2番目。改正入管法...(続きを読む)

    6月6日号

  • 港北区から4店舗

    ガチハンバーグ!

    港北区から4店舗 経済

    投票は6月1日から

     横浜市内商店街のハンバーグのナンバーワンを決める「ガチハンバーグ!」の投票が6月1日から始まる。港北区からは4店舗がエントリー。各店舗から趣向を凝ら...(続きを読む)

    5月30日号

  • 「とも・とも篠原」活動広がる

    障がい児支援

    「とも・とも篠原」活動広がる 社会

    今年度は小4も対象に

     篠原地区で進められている障がい児放課後余暇支援事業「とも・とも篠原」の活動が広がりを見せている。障がいのある子どもの居場所づくりのためにと、第1回プログラムを...(続きを読む)

    5月23日号

  • 次世代ラーメン店の星に

    次世代ラーメン店の星に 経済

    優勝の味を商品化

     今新羽ではあるラーメン店が話題になっている--。Yahoo!の特別企画、「第10回最強の次世代ラーメン決定戦」の「汁なし部門」で昨年、「ハイパーファットン」が...(続きを読む)

    5月23日号

  • 慶應高、4年ぶり4度目V

    軟式野球県春季大会

    慶應高、4年ぶり4度目V スポーツ

    2年生投手の継投で頂点

     神奈川県高等学校軟式野球春季大会の再試合となった決勝戦が5月8日に行われ、慶應義塾が横浜創学館を3対2で破り、同大会4年ぶり4度目の優勝を果たした。2人の2年...(続きを読む)

    5月16日号

  • 令和の幕開けを祝福

    小机城址まつり

    令和の幕開けを祝福 社会

    5月開催、実行委も準備に熱

     27回目を迎える『小机城址まつり』(同実行委員会、城郷地区連合町内会主催)が5月19日(日)に開催される。  同まつりは、2...(続きを読む)

    5月16日号

  • 「令和」に平和の願い込め

    大倉山「青柳」

    「令和」に平和の願い込め 社会

    兄弟で饅頭づくり

     「令和」の訪れを目前に、地域への感謝と平和への願いを込めて――。大倉山駅前の老舗和菓子店の田辺兄弟は4月23日、5月1日に向け、「令和饅頭」づくりに励んでいた...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「夢や希望、区民と共有」

    港北区制80周年

    「夢や希望、区民と共有」 社会

    年間通じ、関連事業

     「令和」元年となった今年は、港北区にとっても節目の年――。区制80周年を迎えた港北区では、実行委員会により記念式典やハナミズキ植樹等の記念事業が予定されている...(続きを読む)

    5月1日号

  • 事業協力者と協定締結

    新横浜南口再開発準備組合

    事業協力者と協定締結 経済

    3年後の都市計画決定へ

     新横浜南口駅前地区市街地再開発準備組合(金子清隆理事長)は、3月に行われた臨時総会で事業協力者を決定。日鉄興和不動産・東京急行電鉄JVと正式に協定書を締結した...(続きを読む)

    4月25日号

  • 未就園児の安全確認 推進

    横浜市

    未就園児の安全確認 推進 社会

    家庭訪問で虐待防止へ

     横浜市は今年度、児童虐待防止の観点から保育所や幼稚園などに所属していない未就園児らの状況を把握するため、家庭訪問を行う。これまで以上に児童の安全確認・確保に努...(続きを読む)

    4月25日号

  • 各事業円滑化へ新事務所

    綱島駅東口周辺

    各事業円滑化へ新事務所 社会

    市が開設、地域と連携密に

     横浜市都市整備局は、綱島駅東口周辺の土地区画整理事業や市街地再開発事業などに関する業務を進めるための新事務所を同駅西口に開設し、4月に業務を開始した。各事業を...(続きを読む)

    4月18日号

  • 家庭連絡にICT活用へ

    市立学校

    家庭連絡にICT活用へ 教育

    教員の負担軽減図る

     横浜市教育委員会は昨年3月に策定した「教職員の働き方改革プラン」に基づき、欠席連絡や配布物の効率化を目的に、メールや自動音声による情報共有システムを今月から市...(続きを読む)

    4月18日号

  • 「発展に向け、躍動する年に」

    「発展に向け、躍動する年に」 政治

    林市長、新年度の方針示す

     2019年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。ラグビーW杯やアフリカ開発会議など国際的なイベント開催をチャンスととらえ、積極的な投...(続きを読む)

    4月11日号

  • 福地氏・嶋村氏、トップ当選

    統一地方選港北区

    福地氏・嶋村氏、トップ当選 政治

    自民市議は3議席

     第19回統一地方選挙の投開票が4月7日に行われ、市議選では福地茂氏(自民・新)、県議選では嶋村公氏(自民・現)が、それぞれトップ当選を果たした。港北区選挙区で...(続きを読む)

    4月11日号

  • 外国人材 受入体制強化へ

    横浜市

    外国人材 受入体制強化へ 社会

    11言語対応窓口を設置

     法改正により就労条件が緩和され増加が予想される外国人。横浜市では総合的な情報提供や相談を行う新拠点開設などを新規事業に掲げ、外国人の受入環境整備を強化する。一...(続きを読む)

    4月4日号

  • まちの歴史、語り継ぐ

    区制80周年

    まちの歴史、語り継ぐ 文化

    港北映像ライブラリを制作

     港北区役所との協働で立ち上げられた市民団体「わがまち港北映像プロジェクト」(伊藤幸晴代表)は、区制80周年を記念し、区内の映像を集めたホームページ「港北映像ラ...(続きを読む)

    4月4日号

  • 年間通し、地域活動に参加

    太尾小3年2組

    年間通し、地域活動に参加 教育

    運営の苦労や感謝知る

     太尾小学校(松本忠司校長)の3年2組は、昨年4月から、総合的な学習の時間に地域活動拠点「大倉山おへそ」のメンバーと一緒にイベント企画などを行ってきた。...(続きを読む)

    3月28日号

  • 児童が作るiPad教材

    矢上小

    児童が作るiPad教材 教育

    地域学習で学区内を紹介

     矢上小学校(佐治秀朗校長)は2016年度からiPadを用いた地域学習の教材を独自に制作している。2018年度は、初めて児童も取材や編集に携わり、教諭と児童で合...(続きを読む)

    3月21日号

  • 体育館にエアコン設置へ

    横浜市

    体育館にエアコン設置へ 教育

    夏までに数校で試験導入

     猛暑などの環境変化から、エアコン設置の議論が熱くなっている。横浜市は市立学校体育館への空調設備設置を検討するため、2019年度当初予算案に500万円を計上した...(続きを読む)

    3月21日号

  • ビル火災脱出ゲーム開発

    専門学生

    ビル火災脱出ゲーム開発 文化

    VRで避難行動を体験

     岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校(三辻訓校長)ゲーム科の学生が、横浜市消防局・横浜市民防災センターと連携し、「VR(仮想現実)を活用したビル火災脱出体験ゲー...(続きを読む)

    3月14日号

  • 大腸がん検診を無料化へ

    横浜市

    大腸がん検診を無料化へ 社会

    受診者増目指す

     横浜市は、大腸がん検診の自己負担額を今年4月から無料化する。大腸がん検診は、2016年度に国の無料クーポンが廃止され受診者数が減少していた。市は無料化に対して...(続きを読む)

    3月14日号

  • 卒業生らが魅力語る

    楠の木学園

    卒業生らが魅力語る 教育

    25周年迎え、記念の集い

     発達障がいや不登校などの困難を抱える子どものためのフリースクール、NPO法人楠の木学園(小机/高橋義男理事長・神田誠一郎学園長)は3月1日、創立25周年記念の...(続きを読む)

    3月7日号

  • 8割が「近所に手助けできる」

    区民の意識

    8割が「近所に手助けできる」 社会

    ひっとプランへの調査で

     港北区地域福祉保健計画(ひっとプラン港北)推進に向けた区民意識調査が行われ、このほど結果が公表された。「隣近所で困っている人への手助け」について、約8割が「何...(続きを読む)

    3月7日号

  • 外国人向けマップ作成

    大倉山商店街振興組合

    外国人向けマップ作成 社会

    地元主婦が中心担う

     大倉山商店街振興組合(須田茂松理事長)は、このほど訪日外国人観光客向けに観光案内地図「Visitors Guide Map」を作成した。新横浜―大倉山エリアを...(続きを読む)

    2月28日号

  • 診断までの時間長く

    認知症

    診断までの時間長く 社会

    初診から1カ月以上14%

     早期発見、早期治療が重要とされる認知症だが、市内の病院と診療所で初診から診断まで1カ月以上かかる事例が約14%あることが市の調査で明らかになった。2025年に...(続きを読む)

    2月28日号

  • 区選抜小学男子が2連覇

    サッカー日スタ杯

    区選抜小学男子が2連覇 スポーツ

    女子・中学生も入賞

     第21回日産スタジアム杯少年サッカー大会(日産スタジアム主催)が行われ、小学生男子の部で、港北区選抜が2年連続の優勝を果たし、市内各区の選抜チームが出場した大...(続きを読む)

    2月21日号

  • 新規事業に防災・80周年企画

    2019年度港北区予算案

    新規事業に防災・80周年企画 経済

    自主予算1億2378万円

     2019年度の港北区自主企画事業予算案が示された。防災や区制80周年企画、スポーツ推進などに総計1億2378万2000円を計上。記念イベント、セカンドキャリア...(続きを読む)

    2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

移動式プラネタリウム

移動式プラネタリウム

横浜ラポールで

6月22日~6月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク