港北区版

トップニュースの記事一覧

  • 児童が作るiPad教材

    矢上小

    児童が作るiPad教材 教育

    地域学習で学区内を紹介

     矢上小学校(佐治秀朗校長)は2016年度からiPadを用いた地域学習の教材を独自に制作している。2018年度は、初めて児童も取材や編集に携わり、教諭と児童で合...(続きを読む)

  • 体育館にエアコン設置へ

    横浜市

    体育館にエアコン設置へ 教育

    夏までに数校で試験導入

     猛暑などの環境変化から、エアコン設置の議論が熱くなっている。横浜市は市立学校体育館への空調設備設置を検討するため、2019年度当初予算案に500万円を計上した...(続きを読む)

  • ビル火災脱出ゲーム開発

    専門学生

    ビル火災脱出ゲーム開発 文化

    VRで避難行動を体験

     岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校(三辻訓校長)ゲーム科の学生が、横浜市消防局・横浜市民防災センターと連携し、「VR(仮想現実)を活用したビル火災脱出体験ゲー...(続きを読む)

  • 大腸がん検診を無料化へ

    横浜市

    大腸がん検診を無料化へ 社会

    受診者増目指す

     横浜市は、大腸がん検診の自己負担額を今年4月から無料化する。大腸がん検診は、2016年度に国の無料クーポンが廃止され受診者数が減少していた。市は無料化に対して...(続きを読む)

  • 卒業生らが魅力語る

    楠の木学園

    卒業生らが魅力語る 教育

    25周年迎え、記念の集い

     発達障がいや不登校などの困難を抱える子どものためのフリースクール、NPO法人楠の木学園(小机/高橋義男理事長・神田誠一郎学園長)は3月1日、創立25周年記念の...(続きを読む)

  • 8割が「近所に手助けできる」

    区民の意識

    8割が「近所に手助けできる」 社会

    ひっとプランへの調査で

     港北区地域福祉保健計画(ひっとプラン港北)推進に向けた区民意識調査が行われ、このほど結果が公表された。「隣近所で困っている人への手助け」について、約8割が「何...(続きを読む)

  • 外国人向けマップ作成

    大倉山商店街振興組合

    外国人向けマップ作成 社会

    地元主婦が中心担う

     大倉山商店街振興組合(須田茂松理事長)は、このほど訪日外国人観光客向けに観光案内地図「Visitors Guide Map」を作成した。新横浜―大倉山エリアを...(続きを読む)

  • 診断までの時間長く

    認知症

    診断までの時間長く 社会

    初診から1カ月以上14%

     早期発見、早期治療が重要とされる認知症だが、市内の病院と診療所で初診から診断まで1カ月以上かかる事例が約14%あることが市の調査で明らかになった。2025年に...(続きを読む)

  • 区選抜小学男子が2連覇

    サッカー日スタ杯

    区選抜小学男子が2連覇 スポーツ

    女子・中学生も入賞

     第21回日産スタジアム杯少年サッカー大会(日産スタジアム主催)が行われ、小学生男子の部で、港北区選抜が2年連続の優勝を果たし、市内各区の選抜チームが出場した大...(続きを読む)

  • 新規事業に防災・80周年企画

    2019年度港北区予算案

    新規事業に防災・80周年企画 経済

    自主予算1億2378万円

     2019年度の港北区自主企画事業予算案が示された。防災や区制80周年企画、スポーツ推進などに総計1億2378万2000円を計上。記念イベント、セカンドキャリア...(続きを読む)

  • 「樽町なごみ食堂」開所

    「樽町なごみ食堂」開所 社会

    地域交流の活性化に期待

     樽町なごみ食堂実行委員会(奈良隆一委員長)は2月5日、樽町地域ケアプラザ内に樽町在住者が対象の地域食堂「樽町なごみ食堂」を始動させた。一昨年に構想が始まった同...(続きを読む)

  • リニューアルで記念式典

    大倉山駅

    リニューアルで記念式典 社会

    「街に映える」コンセプトに

     東急東横線大倉山駅のリニューアル工事の主要部分が昨年末終了したことを受け、東急電鉄は2月7日、「大倉山駅リニューアル記念式〜感謝の思いを伝える会〜」...(続きを読む)

  • 中国・和平小と交流深める

    小机小

    中国・和平小と交流深める 教育

    現地児童が4度目の来校

     横浜市立小机小学校(田代千佳子校長)は1月28日、中国の和平小学校の児童との交流会を開催した。今回で4回目となった両校の交流。レクリエーションなどを通し、国境...(続きを読む)

  • 国際的イベントに重点

    横浜市予算案

    国際的イベントに重点 社会

    2%増 5年連続プラスへ

     横浜市は1月25日、2019年度の予算案を発表した。一般会計の予算規模は前年度比2%増の1兆7615億円で5年連続となる増加。ラグビーW杯やアフリカ開発会議な...(続きを読む)

  • 独自のBD(ビッグデータ)活用を推進

    横浜市

    独自のBD(ビッグデータ)活用を推進 社会

    在宅医療などの実態を分析

     高齢化が進み医療需要の増加が見込まれる中、横浜市は独自に保有する医療ビッグデータ「YoMDB(ヨムディービー)」を活用した実態分析に取り組んでいる。この結果を...(続きを読む)

  • チーム横浜 市長賞受賞

    港北区役所戸籍課

    チーム横浜 市長賞受賞 社会

    職員発案で業務効率化

     職員発案の業務効率化で成果を上げたとして港北区役所総務部戸籍課が「チーム横浜 市長賞」を受賞し、1月24日に市長公舎で表彰された。対象はマイナンバーカード在庫...(続きを読む)

  • アフリカフェスで写真展

    医師で写真家井上冬彦氏

    アフリカフェスで写真展 文化

    「命の輝き」作品に込める

     今夏、横浜で開催される第7回アフリカ開発会議。同会議の横浜開催推進事業「アフリカンフェスティバル港北2019」が1月26日からイトーヨーカドー綱島店1階で開催...(続きを読む)

  • 対象道路にハンプ等設置

    大倉山3丁目

    対象道路にハンプ等設置 社会

    速度超過防ぎ安全確保へ

     市道路局は、大倉山3丁目の一部生活道路にハンプと呼ばれる台形状の段差や狭さくを設置することを発表し、現在工事を進めている。対象区間で多発する車の速度...(続きを読む)

  • 災害時、ドローン活用

    港北区役所

    災害時、ドローン活用 社会

    市内初、地元企業と協定締結

     港北区役所は1月11日、大規模災害時の火災、救助、帰宅困難状況等の情報収集でのドローン(無人航空機)活用に関し、空撮技術に精通する地元企業・株式会社エムテック...(続きを読む)

  • 「心豊かに暮らせるまちへ」

    「心豊かに暮らせるまちへ」 政治

    栗田区長 区政を語る

     本紙では新春企画として栗田るみ港北区長にインタビューを行った。栗田区長は災害対策やスポーツを通じた活気の創出について触れ、よりよい港北区のため、区役所一丸とな...(続きを読む)

  • 着物デザインコンペで金賞

    下田町在住三俣さん

    着物デザインコンペで金賞 文化

    エリトリアの伝統を表現

     昨年末、世界の伝統文化を着物の図案で表現する「2018染織意匠・図案コンペ」(主催/全国染織連合会・後援/経済産業省ほか)のエリトリア部門で、下田町在住の三俣...(続きを読む)

  • 「希望に満ちた横浜に」

    「希望に満ちた横浜に」 政治

    林市長、新年の抱負語る

     年頭にあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。市長就任10年目を迎える林市長は「さまざまな施策が花開いている」と昨年までの成果を示すととも...(続きを読む)

  • 3,226人が門出

    港北区の新成人

    3,226人が門出 文化

    14日 横浜アリーナで式典

     横浜市の成人式「成人の日を祝うつどい」が1月14日(月)、新横浜の横浜アリーナを会場に行われる(主催=横浜市、横浜市教育委員会、横浜市選挙管理委員会、横浜市「...(続きを読む)

  • 中国旅行社と誘客タッグ

    中国旅行社と誘客タッグ 経済

    市、観光推進へ協定

     横浜市はこのほど、中国の大手オンライン旅行社Ctrip(シートリップ)と観光誘客などに関する連携協定を締結した。市内宿泊者で最多となる中国人旅行者の拡大などが...(続きを読む)

  • テロ対策訓練、本格化

    新横浜周辺

    テロ対策訓練、本格化 社会

    ラグビーW杯、五輪にらむ

     2019年9月に開幕するラグビーワールドカップや20年の東京五輪サッカー競技の会場、横浜国際総合競技場がある新横浜周辺では、テロ対策訓練が本格化している。港北...(続きを読む)

  • 犯罪被害者支援、条例化へ

    横浜市

    犯罪被害者支援、条例化へ 社会

    経済負担や精神的ケア実施

     横浜市は現在会期中の市会定例会に「犯罪被害者等支援条例案」を提出した。被害者の支援について市・市民・事業者の責務を明らかにするのが目的。市の支援として経済的な...(続きを読む)

  • 太尾小、全国の舞台へ

    マーチングバンド大会

    太尾小、全国の舞台へ 教育

    15日に向け、練習に励む

     横浜市立太尾小学校(松本忠司校長)のマーチングバンドが12月15日(土)、(一社)日本マーチングバンド協会主催の「第46回マーチングバンド全国大会」に出場する...(続きを読む)

  • 需要増加に伴い体制拡充

    市救急相談センター♯7119

    需要増加に伴い体制拡充 社会

    移転で応答強化へ

     急病やけがで困った時の電話相談窓口「横浜市救急相談センター♯7119」。導入3年弱で利用が増え続けていることを受け横浜市はこのほど、桜木町の救急医療センター内...(続きを読む)

  • 市街地再開発組合が発足

    新綱島駅前地区

    市街地再開発組合が発足 社会

    11月25日には祝賀会も

     新綱島駅前地区市街地再開発組合(池谷完治理事長)が正式発足し、先月25日には、新横浜国際ホテルで設立祝賀会が開催された。当日は、理事および組合員、来賓ら約13...(続きを読む)

  • 文科大臣表彰を受賞

    横浜マリノス株式会社

    文科大臣表彰を受賞 教育

    「すべての人にスポーツを」

     横浜マリノス株式会社はこれまでの障がい者スポーツへの取組みによって文部科学大臣表彰に選ばれ、12月4日に表彰される。障がいのある児童生徒が気軽にスポーツを楽し...(続きを読む)

後期高齢者は 医療議会の傍聴を

3月25日午後2時半~川崎市コンベンションホールで 武蔵小杉駅徒歩5分

http://www.shirai-masako.jp/archives/4316

<PR>

新横浜プリンスぺぺ

SAKURA FESTA 3/31まで 抽選会やイベントなど盛りだくさん!

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

149回目の歌う会

149回目の歌う会

3月26日、港北公会堂

3月26日~3月26日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク