港北区版

トップニュースの記事一覧

  • 中高年も該当、浮き彫りに

    横浜市内ひきこもり

    中高年も該当、浮き彫りに 社会

    推計1万2000人

     横浜市は、昨年初めて実施した40〜64歳を対象とした「市民生活実態調査」の集計結果をこのほど発表し、ひきこもり状態にある市民が推計1万2000人いることが分か...(続きを読む)

  • 港北区から2店舗

    ガチチャーハン!

    港北区から2店舗 経済

    投票は6月1日開始

     横浜市内のチャーハンのナンバーワンを決める「ガチチャーハン!」のエントリー商品がこのほど発表された。港北区区内からは2店舗が出品し、6月1日から投票が開始され...(続きを読む)

  • 「市政を大胆に前進」

    「市政を大胆に前進」 政治

    林市長、新年度で抱負

     2018年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。林市長は新年度を「市政を大胆に前進させる年」と位置付け、インフラ整備や子育て施策など...(続きを読む)

  • 処方箋問合せを効率化

    処方箋問合せを効率化 社会

    横浜労災病院と区薬剤師会で

     独立行政法人労働者健康安全機構・横浜労災病院(梅村敏病院長)は、港北区薬剤師会(坂本悟会長)と院外処方箋における疑義照会について、プロトコール(手順書)を定め...(続きを読む)

  • ごみ分別案内にAI導入

    横浜市

    ごみ分別案内にAI導入

    4月から本格稼働

     横浜市資源循環局は人工知能(AI)技術を使い、ごみの出し方や処分にかかる手数料などを対話形式で案内する「イーオのごみ分別案内」を1日から本格稼働した。...(続きを読む)

  • 「新たな街」ついに始動

    綱島SST

    「新たな街」ついに始動 社会

    企業連携で実証実験も

     Tsunashima サスティナブルスマートタウン(以下綱島SST)では、3月26日、正式に「まちびらき」が行われ、次世代都市型スマートタウンとして始動。30...(続きを読む)

  • 参加者30万人を突破

    ウォーキングポイント

    参加者30万人を突破 社会

    開始4年、目標を達成

     横浜市などが健康づくりの一環で進めている「よこはまウォーキングポイント事業」。第1期4年の最終年度となる2017年度に参加登録者数が目標の30万人を超えた。一...(続きを読む)

  • 綱島にシニアの相談窓口

    横浜市

    綱島にシニアの相談窓口 社会

    市内で2箇所目の開設

     横浜市は30日、シニアが社会参加するための相談窓口「港北区生きがい就労支援スポット」をアピタテラス横浜綱島1階(綱島東4の3の17)に開設する。同スポットは2...(続きを読む)

  • 地域と歩んだ軌跡

    トレッサ横浜

    地域と歩んだ軌跡 社会

    創業10周年を迎える

     (株)トヨタオートモールクリエイトが運営する地域密着型商業施設「トレッサ横浜」が3月25日で10周年を迎える。「地域とともに」というコンセプトを掲げ、近隣の町...(続きを読む)

  • 食と健康などテーマに

    アピタテラス横浜綱島

    食と健康などテーマに 経済

    30日グランドオープン

     ユニー株式会社(本社=愛知県)は8日、現在綱島街道沿い(綱島東4の3の17)に建設中の「アピタテラス横浜綱島」を30日(金)・午前9時にグランドオープンさせる...(続きを読む)

  • 公共施設の「多目的化」推進へ

    横浜市

    公共施設の「多目的化」推進へ

    建て替えピーク控え方針

     横浜市は2月15日、公共建築物の再編整備の方針を策定した。学校や市営住宅を建て替える際には、近隣の市民利用施設や社会福祉施設などとの多目的化・複合化を検討・推...(続きを読む)

  • 認知症支援などに重点

    地域包括ケア次期計画

    認知症支援などに重点 社会

    今月中に公表へ

    より現実的な課題改善へ 横浜市は超高齢社会に対応した体制づくりを推進する「横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」(よ...(続きを読む)

  • ターンパイク命名権取得

    アネスト岩田

    ターンパイク命名権取得 経済

    3月1日から名称変更

     新吉田町にある産業機器メーカー「アネスト岩田株式会社」が箱根ターンパイク(足柄群湯河原町)のネーミングライツを取得した。3月1日から「アネスト岩田 ターンパイ...(続きを読む)

  • 日産スタジアム杯制す

    港北区男子選抜

    日産スタジアム杯制す スポーツ

    少年サッカー大会

     第20回日産スタジアム杯少年サッカー大会の決勝戦が2月25日に行われ、小学生男子の部で港北区選抜チームが優勝した。小学6年生で編成された市内各区の選抜チームが...(続きを読む)

  • 学童保育 運営道のり険し

    学童保育 運営道のり険し 教育

    補助金増も財政厳しく

     放課後の小学生が過ごす居場所の一つ「学童保育」の運営者に対し、市は2018年度、補助金を増額する予算を組んだ。しかし、条例によって場所の移転を迫られ、財政難の...(続きを読む)

  • ラグビーW杯へ工事着々

    日産スタジアム

    ラグビーW杯へ工事着々 社会

    整備予定額は全体で83億

     日産スタジアムでは昨年11月から、2019年9月に開幕するラグビーワールドカップに向けた大規模改修工事が行われている。 整備項目の中で...(続きを読む)

  • 部活休養日、週2以上へ

    横浜市立中

    部活休養日、週2以上へ 教育

    新年度より実施

     横浜市立中学校では、2018年度より週に平日1日以上、土日1日以上を部活動休養日として設定していく。先月末には、市教育委員会が所管の中学校に通知した。生徒の健...(続きを読む)

  • 防災・スポーツ推進等に注力

    2018年度港北区予算案

    防災・スポーツ推進等に注力 経済

    自主予算1億1174万円

     2018年度の港北区の自主企画事業予算案が示された。防災やスポーツ推進、子育て事業などに1億1174万5000円が計上されている。新たにラグビーや子育て関連の...(続きを読む)

  • 混雑緩和策で6両化へ

    市営地下鉄グリーンライン

    混雑緩和策で6両化へ 社会

    市「24年度中をめどに」

     今年の3月で開業10周年を迎える横浜市営地下鉄グリーンライン。課題となっていた乗車人員の増加に伴う混雑緩和対策として、市は2024年度までに、現状4両全17編...(続きを読む)

  • テロ対策協議会を発足

    港北警察署

    テロ対策協議会を発足 社会

    120団体が加盟

     港北警察署は2月8日、「オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会」を設立した。2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラ...(続きを読む)

  • インフラ整備に積極投資

    市18年度予算案

    インフラ整備に積極投資 社会

    一般会計5.1%増

     横浜市は1月30日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大規模の1兆7300億円で、前年度当初比5・1%増。2年後に迫る東京五輪などの大規模イベ...(続きを読む)

  • 9年ぶり甲子園に挑む

    慶應義塾高野球部

    9年ぶり甲子園に挑む スポーツ

    「本気で日本一目指す」

     第90回記念選抜高等学校野球大会(主催/毎日新聞社、日本高等学校野球連盟)の選考が先月末に行われ、神奈川県からは慶應義塾、東海大相模が選出された。慶應義塾が甲...(続きを読む)

  • 加入者数 目標の4割

    ハマの自転車保険

    加入者数 目標の4割 社会

    周知不足で浸透進まず

     (一財)横浜市交通安全協会が、市民向けに提供する「ハマの自転車保険」の加入者数が、募集開始から約2年で4千人ほどと伸び悩んでいる。同協会は「周知不足」とするが...(続きを読む)

  • 子育て施設周辺に看板

    港北区

    子育て施設周辺に看板 社会

    ドライバーらに存在周知

     港北区は、子育て施設近くの東京電力電柱に施設の存在を知らせ、安全運転を呼び掛ける看板の設置を始めた。区地域振興課の担当者によると、今年度中に全143カ所に設置...(続きを読む)

  • 1万4千戸「再生」へ

    市営住宅

    1万4千戸「再生」へ 社会

    老朽化受け、市が素案公表

     市営住宅が2030年から50年にかけて一斉に耐用年限を迎える問題で、横浜市が再生に関する基本的な考え方(素案)を12月までにまとめた。約1万4千戸を20年度以...(続きを読む)

  • はれのひ被害者を支援

    横浜市

    はれのひ被害者を支援 社会

    相談窓口や特設サイト開設

     振袖レンタル業者「はれのひ」の営業停止による被害拡大を踏まえ、市は18日、「被害者特別法律相談窓口」を設置。翌19日には被害者向け支援集約サイト開設するなど被...(続きを読む)

  • 新免許試験場、5月開業へ

    新免許試験場、5月開業へ 社会

    機能集約し、利便性図る

     神奈川県の運転免許試験場(旭区)が、今年5月6日に新庁舎へ移転して「神奈川県警察運転免許センター」(仮称)として開業する。横浜市内に点在する関連施設の機能を集...(続きを読む)

  • 子育て情報アプリを製作

    どろっぷ

    子育て情報アプリを製作 社会

    モニターによる実験開始

     地域子育て支援拠点どろっぷは、子育て応援メールマガジン「ココめ〜る」をアプリ化した「ココアプリ」を開発中だ。区及び岩崎学園情報科学専門学校と協定を結び、昨年5...(続きを読む)

  • いのち輝く社会  実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、本紙では黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO)...(続きを読む)

  • 天皇杯 惜敗で準優勝

    横浜F・マリノス

    天皇杯 惜敗で準優勝 スポーツ

    地元「区民にとって励み」

     J1リーグに所属するサッカークラブ・横浜F・マリノス(港北区)は埼玉スタジアム2002で元日、4大会振り通算8度目の天皇杯全日本サッカー選手権優勝を掛け、セレ...(続きを読む)

4/27家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

THESALE22日まで開催中

新しいインテリアで新生活を快適に過ごすためのセール!

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク