港北区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 市内家庭ごみが急増

    市内家庭ごみが急増 社会

    外出自粛のあおり受け

     横浜市内で収集された家庭ごみの量が急増している。新型コロナウイルス感染症に伴う政府からの外出自粛要請で家庭内での消費活動が増えたことが影響。今年4・5月の市内...(続きを読む)

    6月4日号

  • ひとり親家庭の力に

    綱島の飲食店

    ひとり親家庭の力に 社会

    弁当を無償提供

     大衆酒場 上ル(あがる)食堂(綱島西1の9の8の1階)では、一人親家庭への食事支援を行った。外出自粛を受け、家事負担が増した各家庭をサポートしようと、無料で弁...(続きを読む)

    6月4日号

  • 町に彩りと元気を

    高田町市民団体

    町に彩りと元気を 社会

    ひまわり約500本を植苗

     市民団体「高田の丘美化活動推進連絡会」(古田邦夫会長)はこのほど、高田町内の花壇に約500本のひまわりを植苗した。古田会長は「散歩などで訪れる人も多いエリア。...(続きを読む)

    5月28日号

  • コロナ対策などに力点

    港北区

    コロナ対策などに力点 社会

    2020年度運営方針

     港北区は1日、2020年度区政運営方針を発表した。今年度は、当初予算案で東京2020大会に向け、機運醸成関連イベント等も企画されていたが、新型コロナウイルスの...(続きを読む)

    5月28日号

  • 軽症者用施設を開所

    新型コロナウイルス

    軽症者用施設を開所 社会

    市、旧市民病院を活用

     横浜市は新型コロナウイルス感染症の軽症者等を受け入れる宿泊療養施設を5月3日に開所した。現在5人の軽症者等が入所しており、市は今後の感染拡大に備えて200床を...(続きを読む)

    5月21日号

  • 外出自粛で献血減少懸念

    コロナ余波

    外出自粛で献血減少懸念 社会

    センターが協力呼びかけ

     新型コロナウイルス感染症拡大防止のための外出自粛が続く中、神奈川県下の平日の献血への協力者数が必要数を下回る状況が続いている。大豆戸町にある神奈川県赤十字血液...(続きを読む)

    5月21日号

  • 青パトで外出自粛呼びかけ

    地域の有志

    青パトで外出自粛呼びかけ 社会

    「日常取り戻したい」

     新型コロナウイルス感染症拡大防止が叫ばれる中、地域の有志が青パト(青色回転灯を装備した車両によるパトロール)による広報を始めた。地域に呼びかけるのは...(続きを読む)

    5月14日号

  • 地元紹介チャンネル開設

    小机の城まち会

    地元紹介チャンネル開設 社会

    第一弾は商店街

     小机城のあるまちを愛する会(以下城まち会/木村光義会長)では、今年1月に動画サイトYouTubeにチャンネルを開設した。「まちおこし」を目的として、3月から小...(続きを読む)

    5月14日号

  • テイクアウト店を紹介

    横浜FM

    テイクアウト店を紹介 社会

    【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

     新横浜・日産スタジアムを本拠地とするサッカーJ1の横浜F・マリノスは、クラブの公式HP上で、ホームタウンテイクアウトマップを公開している。...(続きを読む)

    5月8日号

  • コロナ対策、次の一手を

    区商連と港北区

    コロナ対策、次の一手を 経済

    マスク支給、WEB接客も

     港北区商店街連合会(酒井誠会長/中森伸明会長代行)では、4月に入り、新型コロナウイルス感染症対策を次々と打ち出している。港北区役所と連携した「テイクアウト...(続きを読む)

    4月30日号

  • 飲食店、原則禁煙へ

    改正健康増進法

    飲食店、原則禁煙へ 社会

    市、主要駅周辺で確認調査

     4月1日からの改正健康増進法の全面施行を受け、横浜市内でも飲食店などで原則屋内禁煙が始まった。市は今年度、横浜駅など主要駅周辺の飲食店約6000店舗に確認調査...(続きを読む)

    4月30日号

  • 飯田家の屋根葺き映像化

    港北ふるさとTV

    飯田家の屋根葺き映像化 文化

    初の写真集も制作

     港北ふるさとテレビ局(伊藤幸晴代表)は、昨年約20年ぶりに行われた飯田家住宅(綱島台/内部非公開)の屋根葺き替えの様子を映像化、同時に初の写真集も完...(続きを読む)

    4月23日号

  • 会員店舗に一律10万円

    南日吉商店会

    会員店舗に一律10万円 社会

    街灯修繕等の積立金還元

     緊急事態宣言による外出自粛要請で区内商店街にも影響が広がる中、南日吉商店会(小嶋純一会長)はこのほど、会員店舗に一律10万円の活動資金を給付した。小嶋会長は「...(続きを読む)

    4月23日号

  • 特別自治市構想 足踏み

    特別自治市構想 足踏み 政治

    諮問機関、当面の目標示す

     横浜市が二重行政の解消などを目的に県から独立する「特別自治市」を目指す中、林文子市長の諮問機関が3月下旬に区の機能強化など、行政区の抜本的見直しを盛り込んだ答...(続きを読む)

    4月16日号

  • 選手が手指消毒をPR

    横浜F・マリノス

    選手が手指消毒をPR スポーツ

    メッセージ動画も配信

     サッカーJ1横浜F・マリノスは、新型コロナウイルス感染拡大防止啓発活動「STOP!新型コロナウイルス」の一環として、選手による「正しい手指消毒」の動画を制作し...(続きを読む)

    4月16日号

  • 「父は将軍らの服を作った」

    「父は将軍らの服を作った」 社会

    区内、吉山さん資料発見

     第二次世界大戦後、東京・銀座にあった、米国進駐軍(GHQ)の購買部PXで将校らの背広や制服の仕立てを行っていた「東京PXメンズテーラー部」。同部門を...(続きを読む)

    4月16日号

  • ラグビーへの関心、高まる

    ラグビーへの関心、高まる 社会

    区が調査結果発表

     港北区は3月31日、区民を対象としたラグビーに関する調査の結果を発表。昨年のW杯(ワールドカップ)開催前後での意識の比較では、競技全般への関心が高まっているこ...(続きを読む)

    4月9日号

  • 人と人つなぎ10年

    街カフェ大倉山ミエル

    人と人つなぎ10年 社会

    多世代交流の場、創出

     大倉山で多世代が集う場づくりを行うNPO法人街カフェ 大倉山ミエル(大倉山4の36の26/鈴木智香子理事長)は、活動10年目を迎えている。運営する同...(続きを読む)

    4月2日号

  • 区内2団体が受賞

    横浜環境活動賞

    区内2団体が受賞 社会

    児童への環境学習評価

     このほど第27回横浜環境活動賞の受賞者が発表され、区内からは2団体が受賞した。市民の部大賞に選出されたのが、NPO法人海の森・山の森事務局(菊名/豊田直之理事...(続きを読む)

    4月2日号

  • 4月の開校、目前

    箕輪小

    4月の開校、目前 社会

    市教委「地域の支えに感謝」

     横浜市立箕輪小学校(箕輪町2丁目7番1号)の4月1日の開校が迫っている。児童を笑顔で迎えようと地域とともに準備を進めてきた横浜市教育委員会では、「多くの方々の...(続きを読む)

    3月26日号

  • ハマ弁を中学校「給食」に

    横浜市

    ハマ弁を中学校「給食」に 教育

    3月末までに原案策定

     横浜市は2月、市立中学校で導入している配達弁当「ハマ弁」を学校給食法の「給食」に位置づけていく方針を示した。2021年4月からの実施を視野に、今年度末までに方...(続きを読む)

    3月26日号

  • 待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

    横浜市・首都高共同事業

    待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

     2012年の事業開始以来、約8年―。総事業費、約2600億円をかけた道路建設の一大プロジェクト「ほくせいせん」が3月22日(日)16時に、いよいよ開通する。横...(続きを読む)

    3月21日号

  • 99歳、今も現役画家

    高田東荒井 茂雄さん

    99歳、今も現役画家 文化

    3冊目の作品集を上梓

     99歳にして現役画家として活動する荒井茂雄さん(高田東)=中面人物風土記で紹介=が、このほど3冊目の作品集を出版した。過去3年に制作した平面コラージュを中心に...(続きを読む)

    3月19日号

  • 港北区でも影響広がる

    新型コロナ

    港北区でも影響広がる 社会

    クラファンで打開策も

     各地で感染が報告される新型コロナウイルス。臨時休校やイベントの中止、外出自粛など、港北区内でもその影響は広がっている。一方、日吉の個人飲食店がクラウドファンデ...(続きを読む)

    3月19日号

  • 文化資源で地域再発見

    市民団体

    文化資源で地域再発見 社会

    人間国宝下絵の緞帳PR

     港北公会堂の緞帳(ステージ幕)の下絵を手がけたのは静岡生まれの人間国宝、故・芹沢銈介氏――。この緞帳を文化資源として由来や価値を広くPRすることで、...(続きを読む)

    3月12日号

  • 2区1カ所に拡充へ

    認知症疾患医療センター

    2区1カ所に拡充へ 社会

    当初予算案に盛り込む

     横浜市は現在市内4カ所(鶴見区・金沢区・戸塚区・港北区)にある認知症疾患医療センターの拡充を目指している。2020年度には5カ所を加え、全18区のうち2区1カ...(続きを読む)

    3月12日号

  • 中高年層支援に着手

    ひきこもり対策

    中高年層支援に着手 社会

    市、「8050問題」踏まえ

     横浜市は新年度から、40歳以上のひきこもり状態にある人への支援に着手する。有識者や当事者団体などから意見を聞きながら調査・研究を進め、いわゆる「8050問題」...(続きを読む)

    3月5日号

  • 綱島駅に新駅ビル

    東急株式会社

    綱島駅に新駅ビル 経済

    3月16日 オープン

     東急株式会社は東急東横線綱島駅構内および高架下に、新商業施設「エトモ綱島」を3月16日(月)開業する。テナントは以前駅構内で営業していた東急ストアも含め全8店...(続きを読む)

    3月5日号

  • 緑あふれる綱島に

    つなつなプロジェクト

    緑あふれる綱島に 社会

    4月から計画始動

     市民団体「フローラルつなしま」(中森伸明委員長)は、このほど、横浜市環境創造局の「横浜みどりアップ計画」の助成金対象団体に選出された。4月からの3年計画で綱島...(続きを読む)

    2月27日号

  • 空き家相談 周知に課題

    空き家相談 周知に課題 社会

    窓口開設も利用者低調

     横浜市が昨年11月に開設した「横浜市空家の総合案内窓口」。他市の同様の取組みと比べても多い12の専門家団体との橋渡し役として空き家相談の「入口」を担うが、開設...(続きを読む)

    2月27日号

大倉山駅徒歩2分のクリニック

高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病を中心とした疾患の予防にも注力

https://www.okurayama-naika.com/

禁煙外来やっています

内科・小児科・循環器科・アレルギー科・皮ふ科のたかみざわ医院

http://takamizawa-iin.server-shared.com/index.html

特撰手織絨毯展5月29日開始

ルームズ大正堂 新横浜店で人気のギャベ・ペルシャ絨毯など400点以上展示

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/teori.html

<PR>

港北区版の関連リンク

大倉山駅徒歩2分のクリニック

高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病を中心とした疾患の予防にも注力

https://www.okurayama-naika.com/

禁煙外来やっています

内科・小児科・循環器科・アレルギー科・皮ふ科のたかみざわ医院

http://takamizawa-iin.server-shared.com/index.html

特撰手織絨毯展5月29日開始

ルームズ大正堂 新横浜店で人気のギャベ・ペルシャ絨毯など400点以上展示

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/teori.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク