港北区版 掲載号:2014年9月4日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ【2】 まだある篠田正浩作品 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2014年9月4日号

  • LINE
  • hatena

 前回は映画『乾いた花』を紹介したが、篠田正浩の作品にはほかにも横浜が舞台のものがある。1961年の『夕陽に赤い俺の顔』と『わが恋の旅路』、62年の『涙を、獅子のたて髪に』で、脚本は寺山修司。

 アクション・コメディーの『夕陽に赤い俺の顔』は、小港団地を殺し屋が右往左往するが、当時はこの団地が最先端の住宅だったことが分かる。

失われた横浜も

 『わが恋の旅路』は、新人新聞記者の河津祐介が喫茶店のウエイトレス・岩下志麻に一目ぼれする。彼女は貧困から、一旦は富豪の渡辺文雄の家に入るが、家風に合わぬと捨てられ、記憶を喪失。最後は港を見おろす外国人住宅の庭で記憶を回復するメロドラマ。外人墓地や堀割川沿いを走る路面電車、花月園競輪場、運河と港橋と横浜市庁舎、大岡川の浚渫船、捺染工場など、今では失われた横浜も出てくる。

 『涙を、獅子のたて髪に』は、子安浜の港湾労働者の娘・加賀まり子と会社の組員・藤木孝との恋物語だが、藤木が加賀の父を殺すことになる青春の悲劇。山下埠頭の倉庫群や新山下貯木場の外国人ヨットクラブ、野毛山動物園など、小杉正雄のモノクロの画面と武満徹の抒情的な音楽がとても美しい。ちなみに、この題名は、三島由紀夫に激賞された。

(文中敬称略)
 

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版のコラム最新6

絶えず新しいものを

港北区企業レポート【1】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

絶えず新しいものを

トーレック株式会社

9月5日号

英王者と熱戦を展開

英王者と熱戦を展開

飯倉選手がラストマッチ

8月1日号

Ⅴ奪還へ好調な前半戦

Ⅴ奪還へ好調な前半戦

リーグ最多得点の攻撃力

6月27日号

県立図書館を市役所跡に

〈連載〉さすらいヨコハマ【5】

県立図書館を市役所跡に

大衆文化評論家 指田 文夫

1月22日号

吉野町に料亭があった

〈連載〉さすらいヨコハマ【4】

吉野町に料亭があった

大衆文化評論家 指田 文夫

12月4日号

フェンスの中のアメリカ

〈連載〉さすらいヨコハマ【3】

フェンスの中のアメリカ

大衆文化評論家 指田 文夫

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

155回目の歌う会

155回目の歌う会

9月17日、港北公会堂

9月17日~9月17日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク